日本では、「リタイヤメントホームでのロボットの存在は今日増加しています」

慢性。 日本のナーシングホームでロボットを使用することで、介護者の仕事を損なうことなく、介護を必要とする高齢者の介護を改善すると同時に、介護者の地位や賃金を低下させることができます(「ロボットとサービス部門での仕事:ナーシングホームからの証拠 »»Karen Eggleston、Yong Suk Lee、飯塚敏晃、全米経済研究所ワーキングペーパーNo. 28322、2021年1月)。

アメリカ人、韓国人、日本人の3人のエコノミストが尋ねる具体的な質問は、より広い質問に関連しています。ロボットは人間に取って代わり、大規模な雇用破壊につながるのでしょうか。 経済学者の間で活発な議論が行われているため、技術の進歩が雇用と仕事に与える影響についての古典的な質問が再開されています。

日本の文脈では、問題は大きく異なります。いくつかのセクター、特に高齢者向けサービスの分野では、依然として非常に制限された移民政策と人口の高齢化の加速(人口の4分の1)。 日本の人口は現在65歳を超えています)。これは、介護とサービスに対する新たな需要を生み出すだけでなく、定年の増加にもかかわらず、労働力の供給を機械的に減少させます。 2025年までに、38万人以上の介護職が高齢者のニーズを満たすために不足すると推定されています。

また読む 購読者のために予約された記事 雇用:「ロボットは理想的な不正行為者です」

日本のリタイヤメントホームでは、施設の4分の1未満にロボットが集中しているにもかかわらず、ロボットの存在は今日増加しています。 しかし、それらのほとんどは監視ロボットであり、たとえば、転倒した場合に警告することができます。 移動を支援したり、介護者が患者を持ち上げるのを支援したりするロボットや、少数ではありますが、患者と話すことができる「ソーシャル」ロボットもあります。

常勤労働者が少ない

3人の研究者は2017年に900のナーシングホームと15万人以上の従業員を調査しました。 彼らは、ロボットの使用により、看護スタッフの仕事の数が減少していないことを発見しました。 ただし、他の2つの結果は注目に値します。

第一に、仕事の総数が安定していれば、臨時労働者とパートタイム労働者の数は増加し、常勤労働者の数は減少し、仕事の柔軟性の兆候です。

この記事の38.53%をまだ読む必要があります。 以下は加入者専用です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です