日本では、もう一人の相撲はスポーツを引退した後に戦います

トップに立った人は自分の「へや」(力士が住んで訓練する場所)を開くと主張するかもしれませんが、その名誉は相撲界のエリートのために予約されています:昨年89人の力士が引退しましたが、日本相撲協会に残ったのは7人だけです。

スポーツ引退の象徴であるロールを切った後、多くの人が美食に目を向け、彼らが習得したノウハウを彼らの仲間のための料理に適用したり、マッサージ師や警備員になります。

「最初はパン屋になりたかった」AFPの齋藤さんは40歳になりました。 「でも、テストを受けたとき、太りすぎだと言われました」彼は彼のキャリアの間に165キロの重さの人を吹き飛ばします。

「就職の面接は何度かありましたが、経験がなく、コンピューターの使い方すら知りませんでした。」彼は覚えています。 「私は労働力に入るのに適していないことを理解させられました。私は非常に強い劣等感を感じました。」

厳格な規律と厳しい訓練を受けた力士の生活は、「主人が私たちを守るためにいつもそこにいた」ので、外の世界よりも楽であることに気づいたと彼は言います。

幸せに、 「私の主人は私にもう数ヶ月間へやに住むことを許可しました、彼は私にアドバイスしました、私があまりお金を持っていなかったので彼の妻は私に食べ物を作ってそして私に服をくれました」。

相互誤解

疑念を抱いた斎藤卓也は、2021年の成功率が11%だった公証人と同様の年次大会に合格する必要のある事務員になることを決意した。

3回目の試みで、彼は卒業し、他の引退したリキシが社会に溶け込むのを助けるためにレストランの開店に伴うことに特化することを決定しました。

京都(西)にある彼の施設の管理面の管理を彼に任せた彼の元大学の友人である山口知彦は、社会が元リキシに対して偏見を持っている可能性があることを認めています。

「相撲の世界はとても特別で、それ以外の人には理解できないと思います。 相撲を会社で働かせるのは難しいと思うかもしれません。」

レスラー自身にとって、彼らの伝統的な浴衣と髪の毛ですぐに認識され、賞賛されていたので、「通常の」生活に戻ることはしばしば困難です。

「私がまだ仕事をしているとき、多くの人が私にキャリアの機会を約束してくれました。私は仕事を見つけるのに問題はないと思っていました。」、斎藤卓也は認めます。 しかし、彼女の髪が短くなると 「それはラジオの沈黙でした」

15歳で相撲チャンピオンになった神川圭佑も「セカンドライフ」の入り口で疑問を抱き、「若き退職者」に奉仕したいと考えている。

44歳の元レスラーは現在、映画のキャスティング、コマーシャル、または観光客向けの相撲ショーのブローカーとして機能する元レスラーのタレントエージェンシーであるSumoProの指揮を執っています。

「鎧の欠陥」

パンデミックにより需要は急落しましたが、神川さんは東京で元レスラーが常駐する老人ホームを2棟運営しています。

「相撲取りには身だしなみが偏っていると思います」施設の住民2人とのカードゲームの後、スタッフの一人である中田修二は言った。

なぜなら、下位のレスラーは、へやで最強のサーブに慣れているからです。 2019年まで、中田さんは相撲の最高位である横綱を保持しているチャンピオンの照ノ富士を個人的に世話していました。

「私は彼の食事を準備しました、私はお風呂で彼の背中をこすりました…高齢者の世話との類似点があります。」と彼は信じている。

「彼らはとても強く、落ち着いていてフレンドリーです」、最近施設を訪れ始めた伊藤光敏さん(70)は微笑む。 彼は自分自身を相撲で「かなり熟達している」と表現し、元力士とスポーツについて話し合うことを楽しんでいます。

神川さんはまた、レスラーに彼らの問題について助言することを目的とした協会の起源でもあります 「セカンドライフ」レスラーとしてのキャリアだけに目を向けている息子の将来を心配する両親からの訪問もあります。

「相撲は、戦いに勝つために命を賭けても構わないと思っている世界です。」20年以上リキシと仕事をしているはり師の伊藤英夫さんは説明します。

「全力を尽くすこれらのレスラーにとって、次のことを考えることは彼らの鎧の涙のようになるでしょう。」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です