日本では、アーチェリーの時代を超えた人気

ジェシカ・ゲリティーは、28メートル離れたターゲットに照準を合わせます。 弓を引くと顔が引き締まり、筋肉が緊張しますが、全身、白いシャツ、だぶだぶの紺色のズボンは動かないように見えます。 矢印が消えるとすぐに緊張が消えます…それは最終的にターゲットを逃します。 「残念ながら、とても近かった」彼の仲間、また伝統的な日本のアーチェリーのアマチュアと呼んでください 弓道 (「アーチの道」)。

2003年から日本に住んでいるニュージーランド人のジェシカ・ゲリティーは、2000年近くに起源を持つこの武道を宣伝するために2019年に設立されたYumi to Zen(「弓と禅」を意味する)協会の副会長です。 彼の協会は毎週土曜日に、東京北部の​​高校で日本語と英語のすべてのレベルのクラスを提供しています。 合計で1,100人以上が参加しました。 「ある日、開業医の半分は外国人です」ジェシカ・ゲリティーは注意します。

→読む。 東京オリンピック:剣士ロマン・カノヌがフランスに初の金メダルを授与

高校でよく教えられる弓道は人気のあるスポーツですが、多くの信者は定期的に練習するラケットの不足に苦しんでいます。 「オンラインでの情報はほとんどなく、初心者向けのコースは非常にまれです」協会会長の木内博和氏は説明する。

瞑想の一形態

弓道は、武器のサイズが最初に西洋のアーチェリーとは異なります-日本版ではより大きくなります。 弓道は何よりも、身体と心のバランスをとるために施術者が使用する高度に体系化されたジェスチャーの練習です。 「それはあなたのすべてのジェスチャー、あなたの姿勢、あなたのステップを制御することを学ぶことについてです。 完璧な動きを求めて、すべてが最大限の集中力で行われなければなりません。 心理ゲームだ」と語った。弓道と瞑想の類似点が多い木内博和は続けます。

→大判。 東京のオリンピア:メリナ・ロベール=ミション、金の記録のためのすべて

ジェシカ・ゲリティー、彼女はセッションの終わりに自分自身を見つけるこの瞬間を楽しんでいます 「より穏やかで穏やかな心の状態で。 それは私が私の小さな子供たちとの厳しさを和らげるのに役立ちます。」この3人の母親を冗談で言います。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。