日本では、保守派は憲法上の鎮静に別れを告げる準備ができています

ロシアのウクライナ侵攻は、ポスト冷戦時代の国際秩序を揺るがし、日本に安全保障政策の再考を促した。 その目的に対する国民の支持を獲得する機会を見て、自由民主党(PLD)政府は、国の防衛能力を強化するために前進している。 これに関連して、国の軍事開発のブレーキである憲法第9条の改正が求められている。 [cet article exprime le “renoncement à la guerre” du Japon, une mesure imposée par les États-Unis après la défaite d’un Japon alors militariste]。 ただし、現在の危機を悪用しようとする試みに対して警告する人もいます。

「ウクライナでの戦争は、あなたが自分のエネルギーと安全を他の国に委ねたときにどんな災害が起こり得るかをはっきりと示しています。」 青山繁晴上院議員であり、保守的な自民党グループである日本尊厳国益団体の代表が、日立での公開講演で幕を開けた。 [à 100 kilomètres au nord de Tokyo]、29.4。 日本の防衛については、 「私たちは敗北以来、米国に依存してきました。 [en 1945]。 憲法第9条はその象徴です。」 彼は続けて、記事が満員の家から歓声と拍手に修正されることを要求する前に。 青山重治は全国で同様の会議を続けています。

「異常な状況」への対応

2月24日のロシアのウクライナ侵攻の開始以来、第9条の見直しと防衛能力の向上を求める声が、PLD国会議員によって表明されてきました。 2月27日、安倍晋三前首相 [qui s’est appuyé en 2015 sur une réinterprétation de la Constitution pour autoriser l’intervention extérieure des Forces d’autodéfense (FAD, l’armée japonaise) en appui à un allié en difficulté] 次のことが必要であることがわかりました。 「ニュークリアシェアリング」 :米国の核兵器は日本に駐留し、両国が共同で運用することになります。 4月21日、ウクライナの状況に言及して、安倍首相は次のように打ち明けた。 「今、第9条を違憲審査委員会で議論してほしい。」

4月26日、PLDの副大統領である麻生太郎はロシアの侵略を次のように説明した。 「異常な状況」

「私たちは明らかに平和の時代から非常事態と危機の状態に移行しています。 彼は警告した。 与党として、誤解を避けるためにできる限りのことをしなければならない」と語った。

これらの声明は、野党からの批判を引き出しました。 「状況を利用して過激な演説をするのは健康的ではない

「反撃能力」に向けて?

政府の対外政策と防衛政策の基本的な方向性を定義する国家安全保障戦略に関するものを含め、2022年に3つのテキストを改訂する必要があります。 4月27日、PLDは岸田文雄首相に改正案を提出し、 「反撃能力」 それを置き換えるだろう 「敵の基地を攻撃する能力」、 外国のミサイル発射場への攻撃を許可した。 さらに、国防費の増加は、5年以内に国内総生産(GDP)の2%以上にそれをもたらすことを目指します。

政府は、 「防衛に必要な最小限の力」 [FMND, à laquelle le pays s’oblige par législation] 国際情勢や軍事技術の進歩によって異なる場合があります。 また、敵の基地を攻撃する能力を持っていると、先制攻撃につながる可能性があり、第9条に基づく排他的防衛の原則を無効にする可能性があることも指摘された。 また、軍事費の大幅な増加がFMNDを超えないことを懸念する人もいます。

中国、北朝鮮、ロシア:優先順位の変更

文章の改訂が主に中国の海上拡大と北朝鮮の繰り返しのミサイル発射と核実験への対応を目的としているのであれば、現状におけるロシアに対する態度を見直すことも不可欠である。 政府は、日本の治安環境が悪化していることを認識しています。 金沢工業大学の元副提督から大学院教授に転向した伊藤俊幸氏によると、国防戦略の変更が必要だという。

「これまでのところ、北朝鮮は短期的な脅威、中国は中期的な脅威、ロシアは長期的な脅威をもたらしてきました。 後者は現在、中期的または短期的な脅威になる可能性があります。」

国防の分野で活動しているPLDMPは警鐘を鳴らしている。 彼らはお勧めします 「スリーフロントシンキング」 北朝鮮、中国、ロシアを同時の脅威と見なしている。

ウクライナでの戦争 ウクライナへの援助、微妙な決断

それか 「防衛装備の移転に関する3つの原則」 自衛隊(FAD、日本軍)が防弾チョッキ、防衛装備と軍事装備を組み合わせてウクライナを支援できるように変更する必要がありました。

ウクライナ政府が2月下旬に日本政府に要請した装備リストには、対戦車砲や弾薬などの兵器が含まれていました。 しかし、1947年の憲法が平和主義者である日本は、国が危機に陥らないことを保証するために輸出を規制しました 「武器商人」。 2014年、安倍政権は一定の条件下で機器の輸出と国際協力活動への参加を承認したが、紛争当事者への機器の供給を禁止した。

リストを見つけることによって、 「複雑になると思った」 防衛局の幹部を思い出します。 西側諸国がウクライナに重火器を供給している間、日本政府も即時の援助を提供しようとしました。 「これだけ」 (国防省にリンクされた情報源によると)機器の移動が可能な条件を定義する記事が修正され、攻撃的に使用できない防弾チョッキをウクライナに配達できるようになりました。 、 「国際法に違反して侵略を受けている」。

共産党を除いて、強い抵抗を示した党はなかった。 しかし、緊急政策の変更は疑問を投げかけ、それが空の殻になるのではないかと恐れています。

FADからの空輸

ADFは、ヘルメット、テント、非常食、寝袋などの他の非軍事装備を提供しており、4月19日に発表されたように、化学兵器から保護する民間のドローン、マスク、衣類も提供します。

4月28日、閣僚会議は、FAD飛行機を使用してウクライナ難民に援助を輸送する計画も承認しました。 カワサキC-2輸送機は、アラブ首長国連邦に保管されている毛布やその他の物資をポーランドとルーマニアに輸送する任務を負っています。 FAD航空機を送ることにより、 「日本は、支援を提供することに全力で取り組んでいることを示したい」と語った。 政府にリンクされた情報源を指しています。

川口俊と畠山隆

NDMFについての議論は、防衛能力を構築するための圧力として行き詰まる傾向があります。 前回の会合で、安倍晋三は憲法第9条によって課せられた制限に疑問を呈した。

「最小限必要な力の使用の解釈は、本当に自衛隊を妨げます。 私たちを滅ぼそうとする国に対して必要な最小限の力を決定することは困難です。

立憲民主党(PDC)の代表である泉健太氏は記者会見で、その提案が 「最低限必要」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です