日本では、公衆浴場は生き残るために自分自身を再発明する必要があります

東京の銭湯「黄金湯」が2020年に全面リニューアルオープンし、おしゃれなスポットへと生まれ変わりました。 生コンクリート造りの小さな応接室では、若い客がベンチに並び、レコード盤で流れるレトロなジャパニーズ ポップスの音に合わせて生ビールをすすっていた。

銭湯のイメージはおじいちゃんおばあちゃんが集まる場所友人と小金湯にやってきた25歳のITワーカー、上田耕平さんは語った。でもこんな銭湯ならもっとオシャレでモダン […]調子は大分良くなったよ」と彼は付け加えます。

東京を拠点とするもう 1 つの銭湯である Komp-pal は、客数を増やすために「流行に敏感」なスタイルに頼るのではなく、テクノロジーに頼っています。 かどやふみたかさん(36 歳)は、自分の銭湯をソーシャル メディアで宣伝し、女性スタッフを募集して、より多くの女性が日曜日の朝に銭湯を訪れたり、開いたりすることを奨励しています。

銭湯は常に日本の文化の一部でした。「かどやさんは回想します。そして今では、すべての持ち物をロッカーに入れて熱いお風呂でリラックスすることは、一種の「デジタルデトックス」になる可能性があります」と彼は言います。これこそまさに今の若者に必要なものです“。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。