日本では、労働者はより少ない労働に努めています

日本では、政府は企業に対し、従業員が家族と過ごす時間を増やし、オフィスで過ごす時間を減らすよう奨励しています。 日立、パナソニックなどのいくつかの大企業が正式に電話に応答し、当面はあまり多くの詳細を提供することなく、従業員に機会を提供します。 週5日ではなく4日働いています。

週4営業日は、日本企業にとって真の文化大革命です。 これは昇る太陽の国での35時間のバージョンですか? それは今のところもっとトレンドです。 それは時間ではなく、営業日です。 しかし、上司の前にオフィスを離れることが反ビジネス行為と見なされている国での柔軟性について話すことは革命的です。

ここでのみ、監禁中に家にいることを余儀なくされた日本人は、テレワークによってオフィスの外での生活の質が存在することを発見し、彼らはすぐにそれに取り掛かりました。 「」多くの企業は、従業員を職場に復帰させるのに苦労しています。」 AXARealAssetsのアジア太平洋マネージャーであるLaurentJacqueminは説明します。 「4日間の週が現実になりつつあると思います。 日本の大手企業で成功すれば、私のチームの何人かが問題を提起するだろう」と語った。

「もうストレスはありません」

これらのチームの中で、このトピックは、同じ会社の日本マネージャーである早藤義彦をかなり懐疑的にしています。 「4営業日分の給料が5営業日と同じなら、とても嬉しいです」 彼は言った。 「しかし、それはそのようには機能せず、このポリシーは中小企業には機能しません。」 「あの有名な4日目の仕事には興味がない」、 アクサの若手社員である久留村朋樹氏は、実物資産を検討している。 「私はそれがどのように機能するかに非常に興味があります。」

特に女性にとっては、すでに機能しています。 長谷川早苗は息子の誕生後、会社を辞めて中小企業に就職し、わずか4日間で働いた。 「私は一生懸命働いており、給料が犠牲者のレベルに達していないことに気づきました。」、 彼女が言います。 「私は週に4日別の仕事を見つけました。給料は以前より良くありませんが、私はもうストレスを感じていません。 私は幸せな妻と母です。」

短期的には、仕事の満足度と調和が給与よりも優先されるかどうかはわかりません。 日本の若い大学卒業生が会社を選ぶ際に、柔軟性と利点がますます決定的になっているとしても。

編集者はお勧めします

メールボックス内のRTL編集チームからのニュース。

RTLアカウントのおかげで、RTL情報ニュースレターを購読して、毎日すべてのニュースをフォローできます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。