日本では、女性は配偶者の同意がある場合にのみ妊娠中絶薬を服用できます

2022年の終わりから、手術なしで中絶を希望する女性は、最初に配偶者の同意を得る必要があります。 ゲッティイメージズ

日本政府は、2022年末までに、パートナーの同意があれば、女性が手術なしで中絶できるようにする予定であると報告しています。 警備員 今週の火曜日、31日。

間もなく、彼らは配偶者の同意なしに中絶をすることができなくなります。 日本では、年末までに販売が承認される予定の妊娠中絶薬の使用は、関係するクライアントではなく、配偶者の善意に依存すると、5月31日火曜日の議事録を報告します 警備員 その列に。 この同意は、世界の他の11か国と同様に、群島での外科的中絶にはすでに必要です。WHOは嘆きます。 地元の活動家グループを怒らせ、女性の生殖の権利に対する新たな攻撃を非難するのに十分です。

問題のある合意と法外な費用

「「夫婦の同意」は、配偶者が同意しない場合、または配偶者が女性に彼女の意志に反して出産を強いる場合に問題になります」と、安全な中絶日本のための行動のメンバーである塚原久美は言いました。 「望まない妊娠を強制することは暴力であり、拷問の一形態である」と活動家は付け加えた。

もう1つの障害であり、最後に重要なことですが、国の健康保険でカバーされていない医療中絶の法外な費用です。 日本のメディアによると、単回投与の請求額は10万円(約725ユーロ)にもなる可能性があり、そのユーザーは、おそらく病院内でも、綿密な医療監督の下でこの治療に従う必要があります。

ビデオ「私は自分で中絶をしました」で、MPクレメンティーンオーテンは彼女の中絶を証言します

女性の権利の挫折

日本では、中絶は1948年から合法であり、経口避妊薬は1999年から合法であり、後者はバイアグラの承認の一部としてのみです。 活動家たちは、政府と主に男性の医療専門家が女性の健康に関心を持っていないことを非難しました。 「女性は男性の所有物ではありません。 国民の権利ではなく、彼らの権利を守らなければならない」と述べた。

女性の権利に対する日本の制限的かつ差別的な政策は過去に悲劇的な結果をもたらしたので、政治家は知識を持って話します。 昨年、21歳の女性が公園で生まれたばかりの赤ちゃんの遺体が見つかった後に逮捕されたと彼は言います 警備員。 執行猶予付きの判決を受けた彼女は、パートナーの同意を得られなかったため、中絶はできないと裁判官に言いました。 性的暴行の被害者である他の女性も、いくつかの日本の診療所によって中絶の権利を拒否されています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。