日本では、女性は配偶者の同意なしにピルを使用して中絶することは許可されていません

中絶パイオニア、日本? トロンプ・ルイユに注意してください…この国は、フランスの31年前の1948年に中絶を合法化した可能性があり、その発足以来、男性の問題でした。

年末に厳しく規制された妊娠中絶薬の承認は、日本の女性にとって痛い思い出です。 配偶者の同意が必要です日本の保健省の子供と家族の秘書である橋本康弘は、5月20日に繰り返し述べた。

レイプや不健康な妊娠中の母親の場合を除いて、男性の第三者(配偶者、父親、親など)の同意が常に義務付けられているこの超家父長制の日本では、冷たいシャワーが論理的に進行します。 。

また読んでください。 日本。 宮崎市は出生率を上げるためにラブレターに依存しています

「暴力の一形態」

この男性の支配は、安全な中絶日本のための行動(ASAF)運動の創設者である塚原久美によって反抗されています。 彼女は非難します 暴力の形態迫害への道を開く計画外妊娠」。

毎年約20万人の日本人女性が20万円(約1500ユーロ)という手ごわい金額で掻爬術を無料で行っています。 中絶薬はほとんど安くはありません:10万円(約730ユーロ)、まだ関係者が支払う必要があります。

日本人が大量に使っているかどうかはわかりません。 特に2021年以降、日本の厚生労働省によると、経口避妊薬の使用を報告したのはわずか5%でした。経口避妊薬は高価であり(月額20ユーロから)、制限のないセクシュアリティと同一視されることが多いためタブーです…日本人はすでにそれらを使用する前に1999年まで待つことはそれにアクセスすることができます。 皮肉なことに、バイアグラのマーケティングは同じ年の6か月で完了しました。 優先順位の問題、間違いありません。

日本では、女性は配偶者の同意なしにピルを使用して中絶することは許可されていません

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。