日本では、安倍晋三の国葬が難航している

日本人の半数以上が、火曜日に支払われる国貢に反対している 安倍晋三元首相 (また、世論調査によると、これはローエンドです。 今週初めに新聞に掲載された世論調査で 産経60%以上の回答者が反対していると答えています)。 9月20日火曜日、東京で数千人が請願、訴訟、デモ – 日本ではめったに起こらない – が起こった。

9 月 21 日水曜日、男は火をつける前に首相官邸の外でガソリンをまき散らした。 彼は入院しており、彼の命はもはや危険にさらされていません。

選挙集会の最中に 7 月 8 日に暗殺された安倍晋三の葬儀は、盛大なものになることが約束されています (エリザベス 2 世ほどではありませんが)。集まります 伝説の武道館 コンサートホールであり、国の記念の場でもある東京の白い花の巨大なベッドの真ん中に安倍晋三(彼は7月12日に火葬された)の写真の前で。 運営費: 1,200 万ユーロ、国が全額負担。

この豊富なリソースを理解している人は誰もいません。 この規模の貢納は、通常、皇室のメンバーのために用意されており、単なる政府の長にとっては非常にまれです。 最後のものは1967年にさかのぼり、それは本当にひどかった.

安倍晋三の性格が、この消極的な理由の一部を説明しています。 確かに、彼はほぼ 9 年間権力の座にあり、記録的な長寿でした。彼は国際的な舞台で幅広く活動してきましたが、国内での彼の記録はもっとまちまちです。 分断的な性格の安倍晋三は、その超保守的な姿勢、ナショナリズムの高まり、労働者よりも大企業にはるかに有利な経済政策、そして彼の任務を台無しにした政治的および財政的スキャンダルについて広く批判されてきました.

しかし、最も重要なことは、彼の暗殺者とされる人物が、安倍晋三と関係があると彼が信じている月の宗派を望んでいると言ったので、これらの暴露は関連している.

安倍晋三氏が長年率いる与党 PLD の議員の半数以上が、この教会と選挙上のつながりを持っている (または持っていた)。 現在の首相は国交断絶を約束したが、捜査も制裁も行われていない。

他の文脈的要素がこの反乱を説明しています。もちろん、そのコストは、日本が他の多くの国と同様に重大な経済的困難に直面している間です. また、法的根拠の欠如:現在の首相は野党に相談することなく、片隅で独力で決定を下した。

政府は確かにそのような敵意を予期していませんでした。 岸田文夫は自分の決定を正当化するために何度か公の場で話さなければなりませんでしたが、彼は誰にも納得させませんでした。 彼の人気と彼の大多数の人気は急速に落ち込んでいます。 しかし、手遅れです。 カードが送られてきます。 終了はもはや不可能です。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。