日本では、安倍晋三の高価で「合理的な」葬式は通らない – 解放

東京から見た

サブスクライバー専用の記事

反対派、学者、立憲主義者、作家、一般市民… 多くの日本人が、物議を醸す複雑な記録を持つ分裂した指導者のための国葬の費用と組織を批判してきました.

しかし、なぜ日本の岸田文夫首相は、暗殺から4日後の7月12日に葬儀が行われた安倍晋三前首相のために、9月27日に国葬を行いたいのだろうか? この質問は不適切に思えるかもしれませんが、この政府の賛辞に反対する何千万人もの日本人が尋ねている質問です.

多くの国では、前の支配者に国葬を提供することは普通であると考えられています (彼らが存命中にその可能性を断らない限り)。 日本では、物議をかもしている誤解された例外です。 数千人のデモ(群島では珍しい)、数十万人の市民が署名した嘆願書、約15件の訴訟:すべての世論調査によると、日本の人口の50%以上が安倍晋三国からの最後の貢納に反対している、2006 年から 2007 年まで首相、その後 2012 年から 2020 年まで首相。エグゼクティブの。

「国葬に法的な根拠はない。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。