日本では、赤ちゃんはお年寄りを楽しませるために雇われます


日本の養護施設では、高齢者との交流や笑顔づくりなど、必要不可欠な仕事のために赤ちゃんを「雇用」しています。 給料? おむつと粉ミルク。

北九州市(南西部)の施設の新入社員は 4 歳未満で、乳幼児が「いつでも」出勤できることを記した契約書に親または保護者が署名する必要があります。

• 以下もお読みください。 日本企業が従業員用の「寝箱」を開発

契約書には、「お腹が空いたとき、疲れたとき、または気が向いたとき」に休憩を取ることが許されていると書かれている。

これまでに 30 人以上の赤ちゃんが登録し、100 人以上の居住者の精神を高揚させる手助けをしています。そのほとんどは 80 代です。

「赤ちゃんを見るだけで住民は笑顔になります」と彼女はAFPに語り、「リストなどはありません」と付け加えた.

• 以下もお読みください。 巨大なニホンクモがまもなくカナダに到着する可能性があります

ビルの壁には「募集中!」と大きく書かれた求人広告。 申請者に、おむつと粉ミルクのサービスが補償されることを通知します。

成功した候補者の主な、そしておそらく唯一の責任は、両親や保護者に同行して老人ホームを歩き回ることです。

「赤ちゃんはいつもお母さんと一緒にいます。 公園の散歩に連れて行くようなものです」と権藤さんは説明した。

• 以下もお読みください。 日本の大学は性的に興奮しすぎるのでポニーテールを禁止する

地元の人々は若い新入社員に熱狂しているようで、彼らに挨拶したり、会話を始めたり、ハグしたりします。

「彼らはかわいいです。産休を思い出させます」と老人ホームの居住者は地元のテレビに語った。

権藤氏によると、このプロジェクトはこれまでのところ素晴らしい成果を上げています。 「何人かの子供たちは私たちの居住者ととても仲良くしていて、今では本当の祖父母や孫のようになっています.」

チップスの袋についても参照してください。

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。