日本では、3,000人以上の生徒がメタバースの学校に戻ってきました

今年は3,800人近くの日本人学生が学校への復帰を公式化する伝統的な式典に出席せず、メタバースで初めてこのイベントを体験しました。

メタバースによって提供される無限の可能性は、私たちを驚かせることをやめません。 世界の隅々にアクセスできる最初のメタバースファッションウィークの後、今では仮想の境界を越えたばかりの学校に戻っています。 何百万人もの学童と生徒が日本の学校に戻ってきました。日本の学校では、4月に行われる公式の式典のリズムに合わせて新しい学年が始まります。 今年もパンデミックによって神聖な伝統が崩壊しました。 しかし、専門学校のグループは、症状をメタバースイベントに置き換えて、問題に正面から取り組むことを決定しました。 初めて!

この珍しいイニシアチブの背後には、新潟県の29の専門学校を統合するNSGカレッジリーグがあります。 4月8日には、3,800人以上の日本人学生、つまりアバターが安全にイベントに参加し、通年の準備をしている校長、代表者、その他の学生と会うことができました。 すべては、伝統的な新学期のスピーチと、全国的な有名人によってアニメーション化された小さなユーモラスなシーケンスによって中断されています。

セレモニーは、シーズン1で主演した日本のコメディアン向井聡から始まりました。 最後に立った Netflixで、そのアバターはイベントに雰囲気を加えることになっていた。 その後、新潟ビジネスカレッジの渡辺敏彦校長に、伝統的な新学期のスピーチのフロアを提供しました。 イベントは、新入生にアドバイスを提供する学生代表からのビデオメッセージの放送によって中断されました。 生徒たちはこの仮想世界を動き回って、新しいクラスメートと会い、話し合うことができます。

ケーキのアイシングとして、YouTubeでの生放送のおかげで、両親もイベントに参加することができました。 NSGカレッジリーグは以前、1200人が式典を発見するために接続したと発表しました。 このイニシアチブは逸話的ではありますが、世界中の多くの教育機関が学生との交流を促進するように促すことができます。

広告、あなたのコンテンツは以下に続きます

広告、あなたのコンテンツは以下に続きます

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です