日本でますます人気が高まっているeスポーツ

エンターテイメント

中国の杭州で開催された2022年アジア競技大会の公式イベントに選ばれた後、eスポーツ(ビデオゲーム大会)は新たな注目を集めています。 日本では、2月の調査で、回答者の80%近くがこの種のスポーツ競技を知っていたことがわかりました。 また、ビデオゲームをプレイする頻度も尋ねられました。

日本の世論調査会社MyVoiceCommunicationsは、2月にビデオゲームとeスポーツに関するオンライン調査を実施し、10,000件を超える回答を受け取りました。 2018年7月に実施した同じ調査と比較すると、「eスポーツ」という用語はそれ以来急速に広まっていることがわかります。

回答者の35%は、eスポーツが何であるかを正確に知っていると答えており、2018年7月の数の2倍(18%)であり、44%は漠然とそれを聞いています。 したがって、全体として、日本の人口の79%がこの活動を多かれ少なかれ認識しています。 eスポーツについて何も知らなかったのは21%だけでした(2018年7月の57%から増加)。

調査では、過去1年間に(スマートフォン、コンピューター、またはコンソールで)ビデオゲームをプレイしたことがあるかどうかも回答者に尋ねました。 「はい」と答えた40%のうち、22.5%近くがほぼ毎日ギャンブルをしていると答えました。 これは、プレイヤーがこのアクティビティに週に1回、月に1回、またはそれよりも少ない頻度で参加する前に行われる最も一般的な回答です。

2018年7月の前回の調査以降、ほとんど毎日ギャンブルをしていると答えた回答者の数が4%増加し、週にギャンブルをしなかった回答者の数が3%減少したなど、小さな変化はほとんどありません。 ‘去年。

(見出しの写真:2020年10月に上海で開催されたeスポーツトーナメントである2020リーグオブレジェンド世界選手権。AFP/ジジ)

テレビゲーム
中国
世論調査
若い

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。