日本で大流行しているこれらのスポーツ

みなさん、こんにちは。アジア文化に関する毎週のコラムへようこそ。
一人でも同行でも、バレンタインデーがうまくいったことを願っています!
スーパーボウル(アメリカンフットボール)の決勝戦が2月7日(日)に米国で行われ、合計1億5,000万人の視聴者があったと聞いたことがあるかもしれません。
フランスではほとんど注目されていないが、これからお話しするような、例外的な戦略的側面を備えたスポーツ。

さあ行こう。 🙂

次のレベルの雪合戦

冬について話すとき、クリスマス、スキー、インフルエンザなど、多くのことが思い浮かびます。しかし、雪合戦はどうでしょうか。 (まあ、西部では私たちはあまり甘やかされていません)。
日本の最北端にある北海道の島では、雪合戦(または 雪合戦)は本物のスポーツです。 2000チーム間の非常に深刻な大会が開催されてから28年になりますが、今年の決勝戦は壮瞥村で2月20日から21日に開催されます。

©culturetown.org-雪合戦

ルールは非常に単純で、各チームは7人のプレーヤーで構成され、チームの一部は攻撃し、もう一方は弾薬を準備します。 目標は、攻撃を受けることなく3分以内に敵の旗を捕らえることです。 競技場は、壁とマスクを備えたペイントボール場のように設定されています。 ゲームは最大3ラウンド続き、最初のチームが2勝します。

このスポーツは徐々に人気を博しており、氷点下の気温が日常生活の一部となっている米国、カナダ、ノルウェー、さらにはフィンランドにも輸出されています。

もっと見るには ここ

日本人のあふれる想像力

今日、スポーツは非常に多様化しており、主に改良された機器のおかげで、あらゆる好みとレベルに合ったものがあります。 それでも、思い出に残るサッカーゲームを作成するには、ボールと双眼鏡で十分です。 (バニーハットをかぶった紳士を気にしないでください。彼はただのモデレーターです)。

https://www.youtube.com/watch?v=-rRK7vlBG8A

まだ終わってない! ビリヤード台でサッカーの試合がどのように見えるのか、いつも疑問に思ったことはありますか? それが存在することを知ってください、それはビリサーと呼ばれ、チームとしてプレイすることができます。 もちろん、このゲームには競争上の目的はありません。目標はただリラックスして楽しむことです。

https://www.youtube.com/watch?v=xP8K4eM6160

結局のところ、相撲とは何か知っていますか? 身長約2m、体重約150kgの日本人レスラーは、昇る太陽の国の真の半神です。 100mを試す時を除いて…観客は頭を下げて笑いましたが、役割を逆にすると相撲は笑います。

https://www.youtube.com/watch?v=TkJ

今週の記録では、これはすべて前のものよりも少し軽いですが、最終的には同じように文化的です。そうです、珍しいゲームは日本で伝統を持っているからです。

来週の月曜日にお会いしましょう。皆さん、良い一週間をお過ごしください。

マーカスBRIAN

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。