日本で改革の兆し、論争の中心にある教会

竹中清、エレイン・ライズ

[東京 9日 ロイター] – 世論調査で敗れた日本の岸田文雄首相は水曜日、統一教会から遠ざけるために政権を再編する計画を立てている。

元首相は、母親が集団結婚と信者の献身で知られるこの宗教組織のメンバーである男性によって射殺されました。 メディアの報道によると、殺人犯は捜査官に対し、安倍晋三がこの教会を後援していると確信していると語った.彼の母親は破滅的な寄付をした.

岸田文夫氏は火曜日、与党自民党の将来の閣僚または高官は、統一教会との関係を「慎重に検討する」必要があると述べた.

首相は、1945年の米国の核攻撃による長崎市の破壊の記念日に長崎で行われた記者会見で、「それは必要条件になるだろう」と警告した.

岸田内閣への支持率は、昨年 10 月に発足して以来最低水準にまで落ち込み、3 週間前の 59% から 46% に低下した、と国営放送局 NHK は月曜日に報じた。

回答者の大多数は、政治階級と統一教会との関係について説明を求めた. 多くの日本人は、安倍晋三の国葬を行うという岸田文夫の提案に懐疑的だった。 (フランス語版のジャン=ステファン・ブロス、ケイト・エントリンガーの声)

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。