日本で最初に確認された症例

AA/東京

日本の当局は火曜日に、当局が新しい国境制限を発表した翌日、ナミビアから帰国した男性におけるコロナウイルスのオミクロン変異体の最初の症例の登録を発表しました。

共同通信は、政府筋を引用して、最初の症例が東京近郊の成田空港で30代のナミビアで発見されたと報告した。

月曜日、日本の岸田文雄首相は、オミクロンウイルスの蔓延と戦うために、11月30日から世界中のすべての外国人訪問者に国境を閉鎖することを発表しました。

首相は、「この禁止措置は、最悪のシナリオを回避することを目的としている」と述べ、「ウイルスに関する情報が明らかになるまでの一時的な措置」であると付け加えた。

11月8日、日本は外国人ビジネス旅行者、学生、インターンの入国を許可するためにいくつかの制限を緩和しました。

木曜日に、南アフリカの科学者は、ウイルスの新株を少数で検出し、その潜在的な影響を理解するために取り組んでいると発表しました。

ベルギーのようなヨーロッパ諸国は金曜日に、新しい亜種による初めての感染を検出したと発表しましたが、世界中の国々は一部のアフリカ諸国からのフライトを停止しました。

世界保健機関(WHO)はまた、世界レベルでの「オミクロン」変異体の「急速な広がり」の危険性について警告しています。

*HajerCherniによるアラビア語からの翻訳

アナドル通信社が内部放送システム(HAS)を介して加入者に送信するアナドルの一部のみが、AAWebサイトでまとめて放送されます。 登録はお問い合わせください。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です