日本との未来志向の関係のためのユン

ソウル、7月4日(ロイター)-尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領は月曜日に日本のビジネスリーダーのグループと会い、前向きな二国間関係のための共同の努力を求めた、と彼の事務所は言った。

ユン氏は、彼の事務所で主要なビジネスロビーである日本経済団体連合会のメンバーと会い、両国間のビジネスと個人の交流を改善する方法について話し合った。

双方はまた、ソウルでその日の早い時間に開催された日本企業協会と韓国産業協会の間の年次総会の結果について話し合った。

ユン大統領は、両国が未来志向の協力関係を築くために、それぞれの強みと知識をプールすべきだと述べた。 特に、来るべき経済安全保障の時代に協力の限界を押し上げるために、両国のビジネスマンが互いにコミュニケーションを取り続けるよう促した」と述べた。

「彼はまた、両国間の未解決の問題を解決するために両国政府が協力しなければならないと述べた」と彼は付け加えた。

十倉雅和会長は、両国を政治、経済、文化の分野で緊密で相互に有益な関係を享受している「重要な隣国」と表現した。

大統領府はまた、日本の経済界が経済部門間の友好関係を維持し発展させるための努力を継続することを約束したと述べた。

(聯合ニュース)

(終わり)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。