日本における「相撲」の困難な移行

それは引退の話です。 やや特別なアスリートのそれ、そして何よりも、その宇宙は、控えめに言っても、私たちにとって異質であるほど成文化されています。 私が話しているのは、日本でデミゴッドの地位にある、ややマントをまとったレスラーである「スモトリ」です。

月に数万ユーロを稼ぐことができる横綱、チャンピオンのチャンピオン、規律のスターの背後には多くの不安定さがあります。 10人に1人の戦闘機だけが給料を受け取ります。 他のすべての人は、トーナメント中に給餌、収容、漂白、補償されます。 そのため、次に進む時期に避難所を探すのは困難です。

最大の相撲は、一般的に30歳から35歳の間に引退すると、自分の格闘技学校を開くふりをすることができます。 しかし、再びそこに スモスがスポーツから引退してパンを切ることにしたとき、彼らのほとんどは資格がまったくないことに気づきます。 これは、32歳で相撲をあきらめて何も見つからなかった斎藤卓也の場合です。彼はフランス通信社の同僚に次のように説明しました。

私は仕事の世界での経験がありませんでした。 自立できなかったと言われただけです。 だから私は自分自身に言いました、私たちは少しずつ障害に反応して壊さなければなりません。 私は少なくともコンピューターの使い方を知るためにコンピューターコースを受講し始めました。 後から考えると、実生活で前進するのは難しいです。 相撲の世界では、私たちはいつも主人に守られているような気がします

また読む:
相撲チャンピオンの白鵬が36歳で引退

ほとんどの古い相撲は修復に向けられます

彼らは料理ができるので、相撲学校全体で料理をしていました。 他の人はマッサージ師や警備員になります。

斎藤卓也は彼にパン屋になりたいと思った、彼は試みたが、彼は太りすぎだと言われた。 結局、特に彼のコンピューターコースのおかげで、彼は日本の公証人の一種である事務員になることを決心しました。

これらの困難と偏見に直面して、別の元相撲、神川圭佑が結成することを決めました 元レスラーを映画、コマーシャル、ショーに出演させるエージェンシー、SumoPro。 彼はまた、元相撲を雇った東京の高齢者施設の責任者でもあります。

彼らのキャリアを通して多くの下位のレスラーが戦いと並んで最強のスターを世話してきたので、彼らは先輩によって高く評価されています。 それらを養うために、それらを洗って、それらの世話をしてください。 世界で最も人口の多い国の未来を持った本当の仕事。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です