日本にしかない8つの華麗な発明

日本は技術産業で非常に進んでおり、ロボット工学や科学全般の分野でアメリカ人にうらやましいことは何もありません. デザイナーのクリエイティビティが、かなりクレイジーな発明を思いつくことがあります。

日本に行ったことがあるなら、滞在中に実際に動いているのを見たかもしれない素晴らしい旅行の逸話やユニークなガジェットの説明で、大切な人を贅沢にすることでしょう. 日本人の日常生活を改善することを目的とした驚くべき数の発明が市販されています. しかし、観光客を最も驚かせるのは、間違いなく…

日本のトイレ

トイレット ペーパー、全体的に白いボウル、水洗… 絵は描きません。 日本のトイレが美的に非常に似ている場合、それらの操作は根本的に異なります. シートヒーター付きのウォシュレットは、汚れた部分(つまりお尻)をジェット水流でお掃除するのが特徴です。 これに続いて、穏やかな乾燥が行われます。

私たちはお互いに嘘をつきません。最初は少し変な感じかもしれませんが、このプロセスは良いものであることがわかります より衛生的でエコロジカルで経済的 (トイレットペーパーはもう必要ありません)私たちのものより。

乙姫

また、トイレのカテゴリでは、乙姫は、水を流す音を出す小さなハンドヘルド デバイスです。 しかし、それは何に使用できますか? 簡単に サドルで発生する可能性のある気を散らす音をかき消す公衆トイレや誰かの家にいるとき。 乙姫は超キュートなハローキティバージョンも登場。

ベビーワイパー

ある発明家は、ある日、赤ちゃんが一日中カーペットを剃っているのを見て、「でも、それを毎週の掃除に使ってみませんか?」と自分に言い聞かせました。 これはベビーモップで、着ぐるみとモップを掛け合わせたようなものです。 幼児向けに設計されたベビーモップは、ビジネスと喜びを兼ね備えています。 あなたの子供が床にほこりを払うことができるように 彼が床を歩くとき。 それが素晴らしいのか、法外なのか、あるいはその両方なのかはわかりません。

リモコン付きモップ

前のオブジェクトにより、リモート コントロール モップとの適切な移行が可能になります。 結局のところ、なぜ掃除は退屈でなければならないのでしょうか? ビジネスと楽しみを組み合わせるために(今回は子供を搾取することなく)、日本の発明者は一種のゲームパッドで制御されるモップを開発しました。 アパート全体でモップを「運転」したいと思うでしょう。. それが目標なので、これは良いことです。

アンブレラロック

傘は間違いなく、最もよく紛失するアイテムの 1 つです。 一部の店舗やモールでは、見落としを最小限に抑え、盗難のリスクを軽減するために、顧客に提供しています。 ロック付き傘立て. 良いニュースは、サービスが無料であることです。 悪いニュースは、昔のように、そこに傘を置いたままにしておくことを妨げるものは何もないということです。

指1本に収まる歯ブラシ

タイトルはかなり自明です。 結局のところ、指で歯を磨くことができるのに、わざわざ長くて扱いにくい棒を使って歯を磨く必要はありません。 さらに柔軟に同じ機能を実行しますか?

カップメン

カップメンは、沸騰したお湯を加えた後にインスタントラーメンの箱の上に置く、男性の形をした小さなオブジェクトです. だから彼らは可能にします 調理中は麺を保温してください。 そして、あなたがそうすることにすでに決めているなら、 インスタントラーメン 人生で一度だけ、カップマンが役に立たないことを知るでしょう!

受付ロボット

そして、このリストをもう 1 つの素晴らしい発明で締めくくります。それは、受付ロボットです。 日本では、適切なスタッフがいないホテルもあります。 到着と出発を登録するロボットがお客様をお出迎え. のファンのために ジュラシック・パークロボットのバージョンもあります… 恐竜!

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。