日本に対する2回目のテストの1つの変更?

火曜日の東京での激しい練習セッションでは、レーシング92マックススプリングの若いリアがメルヴィンジャミネに代わった。 モエファナの参加についても不確実性があります。

ミディオリンピックとレキップの日本の特別通信員によると、ファビアンガルティエは、東京での土曜日(7.50)の日本に対する2回目のテストのために最小限の変更を加える必要があります。 確かに、火曜日の高強度のトレーニングはいくつかの教訓を提供しました。 パックでは、ブルース(42-23)が勝った先週の土曜日に、8人のディフェンディングチャンピオンを更新する必要があります。

一方で、変化があるようです。 ヤングレーシング92のフルバックのマックススプリングは15番を着ていました。これは、彼がメルヴィンジャミネの代わりになることを示しているようです。 プレーヤーは、2週間前のイングランド-イギリスの野蛮人の試合でマネージャーに感銘を与えました。

モエファナわからない

不確実性は4分の3のラインに残っています。 最初のテストでヒットしたYoramMoefanaは免れた。 彼が不在のとき、ダミアン・プノーは中央に移動し、ボルドー・ロマン・ブロスが彼の翼に取って代わった。

XVの可能な構成。 日本に対する2回目のテストのためにフランスから:
15番目の春; 14.ブロス(またはペノー)、13。ペノー(またはモエファナ)、12。ヴァカタワ、11。レベル; 10番目のジャリベール、9番目のルク; 7.オリヴォン(Cap。)、8。タンガ、6。クレチン; 5. Jolmes、4。Flament; 3番目のバンバ、2番目のモーヴァカ、1番目のグレート。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。