日本に帰って、みんなで乾杯

戻るのに時間と忍耐が必要でした ラリー の日本が誕生します。 前回の公演から 12 年後、イベントは最終的に登録されましたが、比較は実際には不可能でした。 実際、帯広で4年、札幌で2年を経て、日本大会は再びグラベルコースに移行した。 現在、豊田市を本拠地とし、名古屋の郊外 (東京から東へ 340 km) にあるラリー ジャパンは現在、ターマックで開催されています。 通常、トヨタ ヴェルブリッツ (ラグビー XV) や名古屋グランパス (サッカー) の本拠地である豊田スタジアムは、活気に満ちた神経の中心地でした。 チームはエンクロージャーの施設から恩恵を受け、一般の人々も恩恵を受けることができましたが、サポートに加えて設定された多くの活動から、高い費用 (1 日あたり 50 ユーロ) がかかりました。 日本人は楽しいことが大好きで、配布されたアイテム (帽子、ペン、ステッカーなど) を常に探しています。 土産物店はすぐに枯渇し、ミニチュアの売り手はビジネスを行い、サイン ハンターはコレクションを拡大しました。 日本人はドライバーやチームを力強くサポートすることが多く、公園がこれほどカラフルで活気にあふれたのは久しぶりです。 これは、すべて(学校、病院、銀行など)にトヨタの名前が付いているこの退屈な都市で行われていたこととは対照的でした。 イベントを告知するポスターやバナーがなかったため、宣伝はほとんど行われませんでした

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です