日本に帰国してから50年、沖縄は「ビジョンなし」

4月28日、東京で、日本の本州の南西にある群島である沖縄県の玉城デニー知事が円卓会議で力強く殴打した。 「私たちが返還時に最も望んでいた、アメリカの基地のない平和な沖縄は、まだ日の目を見ることができません。」 このフレーズは、沖縄の人々が5月15日に米国が日本に帰国してから50周年を祝うため、地元で流行している幻滅した気分を反映しています。

[1945年に日本が敗北した後、この場所は27年間アメリカ人によって占領され、その後1972年に地元住民の粘り強さのおかげで最終的に日本に返還されました。しかし、時間の経過にもかかわらず、この占領は決して忘れられません。群島は依然として日本の土壌に存在する米軍施設の70%を収容しており、これが本島との間で生み出す社会的および経済的格差は依然として関連しています。最新の新聞 毎日新聞 知事の言葉を引用します。

レイプ、強盗、殺人などのニュース報道に後押しされて、沖縄の人々の間には何十年にもわたって深い不当感がありました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です