日本のはやぶさ 2 は、小惑星が地球に水をもたらした可能性があることを発見しました

東京、8月16日(IANS) 日本の探査機はやぶさ 2 によると、水と有機物は小惑星によって地球に運ばれました。

Nature Astronomy に掲載されたこの調査結果は、初期の形成ではほぼ完全に溶融マグマで構成されていた地球が、最終的に水で覆われるようになった経緯の謎を説明している、と共同通信は報じた。

宇宙航空研究開発機構の天文学者チームは、はやぶさ 2 宇宙船によって収集された小惑星リュウグウのサンプルを使用して分析を行いました。

「もっと広く言えば、小さな天体が地球に水と生命をもたらした可能性があります」と、日本の海洋科学技術庁の地球材料科学の上級研究員である伊藤基夫は述べています。 .

2020 年 12 月、6 年間のミッションで「はやぶさ 2」に搭載されたカプセルが、3 億キロメートル以上離れた小惑星リュウグウから 5.4 グラムを超える表面物質を地球にもたらしました。

報告書によると、リュウグウ粒子は地球の水の組成と組成がほぼ一致していましたが、若干の違いがあり、研究者は地球が小惑星以外の場所から水を得た可能性があると理論付けています。

小惑星リュウグウからの8個の粒子、合計約59ミリグラムの分析は、ほぼすべての有機物と水に見られ、液体の形ではなく、水素原子に結合した酸素原子からなるヒドロキシル基で構成され、それに似た組成を持っています宇宙塵や彗星に含まれる水の量。

フィロシリケートの「ゆりかご」に守られている彼らは、水と有機物が存在する太陽系外縁部を離れた後、厳しい環境変化に直面したと考えられています。

脂肪族炭化水素として知られる物質の有機ゾーンも、比較的粗粒の層状ケイ酸塩で発見されました。 報告書によると、より熱に強い周囲の粗粒が、水や有機物の環境風化を防いでいる可能性があります。

はやぶさ 2 は 2014 年に地球を離れ、2018 年 6 月にリュウグウ上空の静止位置に到達し、3 年以上にわたって太陽の周りの楕円軌道を 32 億キロメートル移動しました。

探査機は翌年 2 回小惑星に着陸し、小惑星から最初の地下サンプルを収集しました。

太陽系外縁部で形成された母体から誕生したリュウグウは、太陽系内縁部に移動し、その粒子には「生命の源」と考えられている有機化合物であるアミノ酸が含まれていたことが研究者によって以前に発見されました。

(タイトルを除いて、この IANS 記事の残りの部分は未編集です)

技術情報、製品レビュー、機能、科学的最新情報については、Fun Academy をご覧ください。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。