日本のジョー・バイデンは北朝鮮の脅威を心配し続けています

バイデン氏は韓国を去り、尹錫淵(ユン・ソクヨル)新大統領と一連の会合で会い、それに対抗するための軍事演習の強化について話し合う。 「セイバーサウンド」 金正恩

この声明は、韓国の諜報機関が、北朝鮮が核実験を実施する準備を完了したことを警告したために出されたものであり、これは歴史上7番目、5年ぶりとなる。 このテストは、米国大統領のアジア訪問中に行われる可能性があります。

バイデン氏は、ユン氏との共同記者会見で、この地域におけるアメリカの野心の兆候について言及した。 「民主主義と独裁政治の間のグローバルな競争」 そして、アジア太平洋地域はこの大会の重要な戦場であると述べました。

「(今回の協力は)米国、日本、韓国だけでなく、太平洋、南太平洋、インド太平洋全体に及ぶことを確実にする必要性について詳しく話しました。(今回の旅行は)チャンスだと思います。 「」バイデン氏は言った。

中国は、この地政学的闘争における米国の主要な競争相手です。

ジョー・バイデンは韓国への旅行中に、木曜日に議会で可決された法律に署名しました。これは、ウクライナがロシアの侵略から身を守るのに役立つ巨大な400億ドルの封筒を提供するものです。

ソウルを離れる前に、米国大統領は自動車メーカーの現代の責任者と会い、米国南部のジョージア州にある電気自動車工場に55億ドルを投資するという巨人の決定を祝った。

彼はまたユナ氏と一緒にアメリカと韓国の軍隊を訪問しました。 「真に統合された性質」 ホワイトハウスの高官によると、両国の経済的および軍事的同盟の

日本では、岸田文雄首相と今上天皇徳皇帝が火曜日のクワッド会議に先立ち、米国、日本、インド、米国を結びつける外交形式である。

大統領は、この地域での貿易のための新しい米国のイニシアチブを発表します。

北朝鮮の脅威

しかし、北朝鮮は今年の初めから武器のテストを加速しているため、懸念を抱いています。

土曜日、バイデンとユン夫人はこれに対抗するために彼らの軍事協力を増やしたいと言った “脅威” 北朝鮮の成長、拡大 「朝鮮半島とその周辺での合同軍事演習と訓練の範囲と規模」。

2019年に金正恩と当時の米国大統領ドナルド・トランプの間で首脳会談が失敗して以来、北朝鮮を武装解除するための交渉は行き詰まっている。

親米保守派の尹錫淑(ユン・ソクヨル)氏は、北朝鮮に対するより厳しい政策を約束した。 彼は彼とバイデン氏がそれをしたと言った 「核攻撃に備えて、さまざまな種類の共同演習の必要性について話し合った」

可能性についても議論されています 「必要に応じて、戦略的資産のタイムリーな展開のために米国と調整する」

これらの資金には以下が含まれます 「以前とは異なり、核抑止力の傘だけを考えていた戦闘機とミサイル」彼は言った、への彼のコミットメントを再確認 「完全な非核化」 北朝鮮から。

そのような武器の使用または合同軍事演習の強化は、これらの作戦を侵略の服装リハーサルと見なす平壌を怒らせる危険性がある。

不確実性に加えて、人口がCovid-19のワクチン接種を受けていない北朝鮮は、最新の公式統計によれば、現在、260万人近くの症例と67人の死亡で流行の発生に直面しています。

アメリカと韓国の指導者 「国際社会と協力して支援を提供するために待機する」彼らは共同プレスリリースで言った。

バイデン氏は、ワシントンが平壌にワクチンを提供したが、提供しなかったと述べた 「答えがない」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。