日本のチームが新しいデータ転送速度の記録を樹立

毎秒1.02ペタビットの速度でのデータ送信の新記録が樹立されました。 この偉業は、51.7 km(32マイル)のデータを送信する日本の情報通信研究機構(NICT)のチームによって実行されます。 このマークは、毎秒100万ギガビットを表します。これは、1,000万を超える同時8Kビデオストリームに相当します。 以前の商標は同じチームによって登録されていました。

ガラス繊維

データ伝送の速度の記録に加えて、日本人は技術の世界で別の最初の成果を達成しました。すべてが高速インターネットのように光ファイバーネットワークを介して行われたということです。 これは、将来のWeb速度の更新に関する大きな期待です。

実験では、同じライン上にグループ化された801の並列チャネルで波長分割多重(WDM)を備えた直径0.125 mmのマルチコアファイバ(MCF)を使用しました。

データ伝送でますます高速化を達成することは、技術の世界における進化の要因です。 画像:ゴロデンコフ/

もう1つの革新は、標準の代わりに4つのコアを使用して、データパスを4倍にすることでした。 研究者はまた、信号の増幅と復号化に影響を与えるいくつかの最適化技術を導入しました。

5Gへの道

高速を長距離で維持することがより困難になるにつれて、5Gがより高速なデータ伝送のこの探求において非常に有用であるというすべての兆候があります。

「5Gに加えて、新しい情報通信サービスからのデータトラフィックの急増が予想されるため、新しいファイバーがこれらのニーズにどのように対応できるかを示すことが重要です。 »»

概要:サイエンスアラート

新しいNetcost-SecurityYouTubeビデオをチェックしましたか? チャンネルに登録してください!

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。