日本のハイテク企業がフランスのCEOを買収

フランスのエリートエコールポリテクニークを卒業したミシェルコンベスは、電気通信業界で30年の経験があります。

ソフトバンクのCOO、マルセロ・クラウレが日本のハイテク企業からの脱退を発表したとき、それは世界中で話題になりました。 あまり注目されなかったのは、59歳のフランス人ビジネスマンであるMichaelGombsがSoftbankGroup International(SBGI)のCEOに同時に任命されたことです。

電気通信の専門家であるゴンブスが孫正義大統領の側近に近づき、コームズは2020年4月から子会社SBGIの会長を務めています。 彼は現在、持ち株会社の国際投資ポートフォリオを監督しています。 「マイケル・コームズとソフトバンクの才能あるチームが、私たちが行っている素晴らしい仕事を続けると確信しています」と息子は言いました。

スポーツカー愛好家であるエネルギッシュな新CEOは、彼の日本人の上司を何年も前から知っています。 彼は最初にコームズを雇った息子でした。 フランスのマネージャーが2018年にソフトバンクの子会社であるスプリントに入社したとき、彼はカンザスの本社に引っ越しました。息子はかつて彼が住んでいた家に住んでいました。

フランスのエリートエコールポリテクニークを卒業したコームズは、電気通信業界で30年の経験があります。 Sprintの前は、多国籍電気通信会社Altice、機器会社Alcatel-Lucent、TéléDiffusion de France、VodafoneでヨーロッパでいくつかのCEOを務めていました。 彼のキャリアの初めに、彼はフランス運輸大臣の技術顧問でした。

産業のより高い生活には浮き沈みがあります。 彼が2015年にフィンランドのライバルであるノキアへのアルカテル・ルーセントの売却を手配したとき、彼の1400万ユーロ(1590万ドル)の賞金は、経済大臣のエマニュエル・マクロンに「衝撃を与え」、賞金を半分にしました。 それはそれが合併するのを止めませんでした:それは2020年に発表されたSprint / T-Mobile契約の一部であり、新しいスペイン語メディア会社Televisa-UnivisionとSoftbankのポートフォリオの一部を祝っていました。

Globtrottingキャンプは現在、日本のアンサンブルの近くにあるさまざまなボードに座っています:WeWork、Sofi Technologies、OneWeb。 彼はまた、Jellismac、ContentSquare、Sorerなどのフランスの新興企業へのソフトバンクの投資を監督しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。