日本のペットの飼い主は犬や猫にもっとお金をかけました

日本の日付

日常生活

日本のペットの飼い主を対象にした調査によると、2021年には約4割が犬や猫に10万円以上を費やしていた。 健康危機の最中に家で過ごした時間のために、多くの人が過給されました。

日本でアイペット保険が実施した調査では、2021年に1,018匹の犬と猫の飼い主がペットにいくら費やしたかを尋ねました。

犬の飼い主の最も一般的な支出は29.6%で5万円(400ドル)以上から10万円(750ドル)の範囲でしたが、猫の場合はそれより低く、飼い主の36.9%が5万円未満でした。 しかし、年間10万円以上を費やしたと答えた人の割合は、前年比4.3ポイント上昇し、総支出の4割を占めている。

ペットの飼い主にも、過去1年間でペットに関連する最大の費用は何だと思うかを尋ねたところ、「病気やけがの世話をする」、「予防接種と獣医の診察」、「食べ物とおやつ」の回答が1位でした。 2020年と比較して、「食べ物とおやつ」は犬で8.9ポイント、猫で12.2ポイント増加しました。 これは、パンデミックのために家でより多くの時間を過ごすことを余儀なくされた飼い主が彼らのペットを食べ過ぎていて、おそらく彼らを太らせていたことを示しているようです。

犬と猫の飼い主がこれからもやりたがっているサービスは「オンライン獣医訪問または相談」でした。 パンデミックによるライフスタイルの変化により、人々はペットと過ごす時間が増え、ペットの健康とフィットネスへの関心が高まっています。

(表紙写真:ピクスタ)

仕事
家族
ホームタウン
動物
ネコ
家事

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。