日本のホームレスの 40% は自分の生活を変えたくない

日本では、ホームレスの平均年齢が高くなっています。 しかし、直面する困難にもかかわらず、彼らの 40% は路上生活を続けたいと考えています。

厚生労働省は 5 年ごとに、日本のホームレスの人々の生活状況を把握するための調査を実施しています。 2021 年 11 月の調査では、地方自治体の職員が東京の中心部 (23 区) と最も人口の多い都市の 1,169 人のホームレスの人々にインタビューしました。 95.8% が男性だったのに対し、女性はわずか 4.2% でした。 したがって、全体的な統計は、男性の優位性に大きく影響されます。

回答者の 70% が 60 歳以上で、そのうち 34.4% が 70 歳以上で、2016 年の前回の調査と比較して 15 ポイント増加しました。ホームレスの年齢の中央値は上昇し続けています (+2.1 歳) 。 )、63.6年で横ばい。

全回答者の 56.3% が 10 年以上、25.1% が 20 年以上ホームレスでした。

ホームレスの公共の就寝場所については、「公園」が 27.4% で最も多く、次いで「川辺」が 24.8% でした。

調査対象者全体の 47.9% に相当する 560 人が雇用され、給与を受け取っていました。 月収10万円以下の方が約8割。 給与は5万円~10万円(29.3%)が最も多く、3万円~5万円(26.3%)が続いた。 回答者の 2.5% が月収 20 万円以上であることに注意してください。

将来の計画については、19.3%が自分のニーズを満たすことができる仕事をしたいと答えました。 彼らは仕事を見つけたい、アパートに住んでいるか、住宅を提供する仕事をしたいと思っています。 さらに、路上生活を続けたいと答えた人は 39.9% とほぼ 2 倍でした。 家族の元に戻りたいと答えたのはわずか0.9%。

(私たちの記事も参照してください:日本のホームレスは史上最低を記録しています)

(表紙写真:ピクスタ)

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。