日本のポールセッター、マルケスは「今は勝利を目指す時ではない」と語った

トップ5を目指して戦いたいが、今はタイミングが悪い「もしスペイン人マルク・マルケス(ホンダ)が土曜日に日本GPのポールポジションにサインしたなら、2019年以来初めて、彼は日曜日に最前線で戦わないことを保証する. 腕の手術で 3 か月ぶりに活動を再開した 6 度の MotoGP 世界チャンピオンは、予選中の良好なウェットコンディションのおかげで、日本 GP 以来のポールポジションを獲得できたと説明しています。 2019 年 10 月。

ウェットコンディションでのポールポジションだったとしても、再びポールポジションを獲得できて本当に嬉しいよ。 スペイン人は記者会見で説明した。 2022年に困難を抱えているホンダとの現在の状況を考えると、チーム内の私たちにとっても非常に良いニュースです。この小さな成功、このモチベーションも必要です (…)。 特にFP2(朝の最後の予選セッション)はイージーモードで運転しているように感じたので、安全を確保する時が来ました。 だから私は自分自身に言いました:「それは良いことです。今日の午後にトラックが濡れていれば、私にはチャンスがあります」そしてそれが起こった. アタックを試みて、いいラップができました。大げさではありませんが、ポールを獲得するには十分でした (…)。 明日は別の話になる“。

関連項目 – ベノワ バディアシールは、オーストリア戦 (2-0) でブルーズの最初の選択を振り返ります。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です