日本のメーカーBauhütteが電動ゲームベッドを発売

自信を持っているゲーマーなら誰でも、ゲーム画面の前で目を覚ますか眠りにつくことを夢見ていました。ゲーマー向けの新製品を発売した日本企業のバウフッテのおかげで、それが可能になりました。 これは確かに電気プレイベッドです! 日本は、任天堂、セガ、コナミ、その他多数の巨人など、世界的に有名なブランドの数からも明らかなように、世界のゲーム国の1つと見なされています。 バウフッテの電動プレイベッドのモデル番号はBGB-100FAで、小売価格は約462ドルです。

バウフッテの電動プレイベッドは、ブランドの最初のプレイ製品ではありません。 今年初め、日本企業は、暖房機能を備えたゲーマー向けのハンドヘルドマッサージ器を発売しました。 製造業者はまた、プレーヤーがベッドから離れることなく遊んだり、寝たり、食べたりできるように、ベッドの周りに配置できるテーブルと棚を提供しています。

BGB-100FAには2つのモーターが装備されており、腰と脚の傾きに2つの異なる位置があります。 腰の角度は最大60°、脚の角度は35°に調整できるため、ユーザーは睡眠、遊び、食事に適した姿勢をとることができます。

提供する機器の標準サイズは94cm(幅)×199cm(長さ)×13.8〜28.5cm(高さ)で、最大耐荷重は200kg未満です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です