日本の三菱 UFJ がアジアのホーム クレジット ユニットを 6 億 2000 万ドルで購入 – ソース

この取引は、日本の最大の債権者がアジアでの事業を拡大し、新興市場での消費者の成長を利用しようとしている一方で、超低金利と人口の高齢化が国内でのビジネス機会を制限しているためです。

ホーム クレジットの主なサービスには、物理​​的な POS およびオンラインでの商品およびサービスの購入のために顧客に提供される POS ローンが含まれます。

買収は、三菱 UFJ が約 77% を所有するタイの Bank of Ayudhya PCL (BAY) を通じて行われる、と情報筋は述べた。 BAY は Home Credit のフィリピン部門の 100% とインドネシア部門の 85% を購入すると、情報筋は付け加えた。

情報はまだ公開されていないため、情報源は特定されませんでした。 三菱 UFJ からのコメントは得られなかった。 日刊紙日経ビジネスは以前、この取引について報じていた。

日本の銀行のうち、三井住友フィナンシャル グループは今月、フィリピンのリサール コマーシャル バンキング コーポレーション (RCBC) の株式の 15% を約 4 億 6000 万ドルで取得すると発表した。

三菱UFJがMUFGユニオンバンク(MUB)のUSバンコープを80億ドルで売却。

($1 = 0.9700 ユーロ)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です