日本の与党は、英国の共同戦闘機プロジェクトの一環として、軍用ハードウェアの輸出規則を変更する予定です。

日本と英国は、年末までに次世代のテンペストとFX戦闘機プログラムを統合する合意に達することを望んでいる. 交渉に詳しい他の4人の人物によると、2030年代半ばまでに航空機を就航させるという共同計画を目的としたこれらの交渉は、順調に進んでいる.

自民党国家安全保障研究所の小野寺委員長は「日本は輸出に抵抗できないし、日本製部品の撤去を主張することもできないので、どうすればよいかを話し合っている」と語った。

日本は2014年に軍事輸出の禁止を解除し、海外への販売を促進しました。 彼は、この変更により、軍隊が調達コストを削減し、三菱重工業のような国内の武器メーカーが海外市場にアクセスできるようになり、利益が増加し、防衛産業をサポートできるようになることを望んでいました.

しかし、日本は監視や救命機器などの非致死的機器の販売のみを許可したため、輸出ブームは実現しませんでした。

「共同開発している国を超えて販売したい場合は、国内で議論を整理する必要があります」と小野寺氏は語った.

影響力のある議員は、日本が防衛費を増やし、中国、ロシア、北朝鮮などの近隣諸国からの増大する脅威に対抗するために国家安全保障戦略を修正する準備をしているときに語った.

第二次世界大戦以来最大の軍事拡大で、日本は長距離ミサイルを含む新しい軍需品を調達し、サイバー防御に支出し、在日米軍とより緊密に連携する空、海、陸の統合コマンドを確立することが期待されています。

小野寺氏によると、自民党議員は、国家の緊急事態に対処するために形成される可能性のある日米合同の指揮系統についても話し合っている.

「日本を守るためには、米国と協力して部隊を配備するので、合同司令部の設立について議論したいのは当然だ」.

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です