日本の健康-日本の健康基準

先進国で密集した都市化された国、 日本は特に健康上のリスクはありません。 西ヨーロッパや北アメリカと同等の健康状態であるため、群島での滞在には特別な予防接種は必要ありません。予防接種スケジュールを最新の状態に保つのに十分です。

最大1ヶ月の治療のためにあなた自身の薬を持参することができます。 避妊ソリューションは、税関を通過するときに問題ではありません 🛂 観光ビザで。

医療は現場で示されています ダーリン しかし効果的です。 したがって、サブスクライブすることを強くお勧めします 健康保険 長期滞在のために。 たまに旅行する人のために、銀行は通常クレジットカードで健康と本国送還の保険を提供します 💳

病気やけがの場合は、地域にある多くの病院の1つに直接連絡することをお勧めします。 消防署に連絡することができます 119 (緊急電話番号)。

津波、火山噴火、台風を伴うこともある地震 🌀 最も重要な自然災害です。 あなたのリスクは高く、そのことが証明されています国立気象庁 気象や地震の状況を正確に監視します。

日本人は かなりきれいにおいを橋渡しする、特に気温と湿度が上昇する夏に。 微妙な香りの美容製品、汗を発散させる衣類、そして宿泊施設のエアコンがあなたを涼しく保ちます。

温泉好きの方が熱心に日本人を訪ねる 温泉 ♨️ タップで自分を洗った後、グループでリラックスする場所。

地下鉄の入り口の入り口では、屋外でも指定された場所での喫煙が許可されています 🚇 一般に。

最後に、それ 衛生マスクを着用する 😷 風邪やコロナのような他の伝染性ウイルスの蔓延を抑えるために病気が現代の習慣の一部である日常の場所で 🦠

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です