日本の元統一教会信者が、彼らを養子にした政治家を攻撃している。

統一教会の韓国の創始者である文鮮明は、彼の広大な精神的およびビジネス的冒険のためにお金が必要になったとき、彼は日本に目を向けた、と元メンバーの何人かは言う。 1992年まで11.5年間教会員であった金沢大学の仲正正樹教授は、「高官は、彼が数億ドルを必要とし、日本が支払わなければならないと私たちに言いました. 自称救世主である文は2012年に亡くなったが、教会の教義は、1910年に日本が韓国を占領していた間に犯された残虐行為を寄付によって贖うよう日本人信者に命じている. 1945. 教会の教義によれば、日本は悪魔と同盟を結び、韓国を裏切り、アダムとして提示された祖国である。 2000年代後半までムン大統領の代理を務めたクァク・チュンファン氏によると、統一教会は日本を資金調達のための「経済的武器」として扱ってきた. 声明の中で、教会はクァクのコメントを却下し、彼は組織とその信者の信用を傷つけたと述べた. 日本では数十人の元信者が1980年代以降の募金活動をめぐって教会を訴えてきたが、多くの元信者は社会的不名誉と家族からの反響を恐れて、自分の経験を公に話すことをためらっている. 7 月の安倍晋三前首相の暗殺事件は、統一教会に関する全国的な議論を巻き起こし、与党である自民党 (LDP) との緊密な関係を浮き彫りにした。 殺人容疑者の山上哲也容疑者(41)は、教会が自分の家族を貧しくしていると非難したと、警察は言う。 殺害前のソーシャルメディアの投稿で、彼は安倍首相が宗教団体を支持していると非難した。 安倍首相の祖父である岸信介元首相に始まり、共産主義に対する共通の反対に基づいて、教会は自民党指導者と公然と関係を築いてきた. 安倍首相は、他の多くの自民党議員と同様に、教会のイベントで演説を行ってきました。 そして彼の政権は、公安調査庁によって監視されている組織のリストから教会を削除しました。 安倍首相の暗殺以来、日本のメディアは教会と何十人もの自民党議員とのつながりを暴露してきた.

教会がアップロードしたビデオなど、議員のウェブサイトやソースで入手可能な情報を使用して、ロイターは、教会が主催するイベントに出席し、お祝いのメッセージが郵送され、支払われた、安倍首相と彼の右派派の 23 人を含む少なくとも 65 人の自民党議員を特定しました。会費、関連会社からの政治献金の受け入れ、または選挙運動の支援を受けました。

ロイターはまた、元統一教会の支持者 7 人に話を聞き、彼らの家族が多額の寄付に圧倒されている様子を説明しました。 そのうちの 5 人は、選挙で自民党の候補者に投票するよう教会の指導者から求められたと述べた。 「私たちの命は、私たちの投票よりも価値がありませんでした」と、練習中の母親から隠れていたと言い、鏑木恵子という仮名でオンラインに投稿した元教会員は言いました. 彼女は山上氏の行動を容認していないが、「彼が自民党についてどのように感じているかを理解した」と述べた. このブロガーは、ロイターがインタビューした他の 4 人の元教会員と同様に、嫌がらせの可能性を避けるために匿名を希望した。 統一教会は、10年前に日本での当時の指導者が辞任に追い込まれた後、財政難を引き起こす寄付をもはや受け付けておらず、教会の資産の積極的な「精神的な売却」を禁止した.

教会によると、その政治部門である万国平和連合 (UPF) は国会議員に求愛を行っており、彼らのほとんどは自民党と直接の関係はありませんが、イデオロギー上の親和性から自民党支持者です。 政治的危機 安倍首相が射殺された数日後の7月の参議院選挙での岸田文雄首相の地滑り的勝利は、元首相の支持者が依然支配している自民党に対する彼の支配を強化するはずである。 代わりに、自民党と教会との結びつきについての暴露と、日本の戦後最長の指導者である安倍首相にまれな国葬を許可するという自民党の決定が危機を引き起こした。 日本最大の日刊紙読売が9月5日に発表した世論調査によると、調査対象者の半数以上が葬式の儀礼に反対している. ロイターがインタビューした元支持者のうち 5 人は、教会は信者に対し、LGBT の権利に反対し、教会の教義に沿って伝統的な家族の価値観を推進する自民党議員に投票するよう指示していると語った。 「教会の指導者は、集会やオンライン メッセージを通じて、自民党の候補者に投票するように信者に伝えます」と、2 世代目の信者は言いました。 20 代のサラリーマンは、教会での合同式で結婚した両親が上級会員のままであることから、匿名を条件に語った。 教会は、FPU が行っていることと同じように、信者に政治的助言を与えていないと主張している。

東京本社でロイターがインタビューした現在の議員3人は、参議院選挙で自民党の候補者、安倍首相の元政務官である井上義行に投票するように勧められたと語った。 そのうちの2人は、そうだと言った。 読者が日本のどこにいても候補者に投票できる参議院選挙で使用される比例代表制のために、ターゲットを絞った教会の投票は、緊密な選挙ですべての違いを生むことができます. 岸田氏は8月10日に内閣改造を行い、安倍派の萩生田光一元通商産業相など、教会と関係のある幹部を排除することで、スキャンダルを終結させようとした。 同日の記者会見で、日本統一教会の田中富宏総裁は、岸田氏が教会との関係を断絶する動きは残念だと述べた。 ページをめくろうとする岸田の努力にもかかわらず、左派の日刊紙毎日新聞による8月22日の世論調査は、政府への支持が前月から16ポイント低下し、36%になったことを示した。 首相は 8 月 31 日の記者会見でさらに踏み込み、自民党と教会とのつながりについて謝罪し、行動を起こすことを約束した。 それでも、岸田政権は統一教会に関係する議員を保持しており、何人かは内閣に、数十人を副大臣としている。 政治アナリストは、首相によるより深い粛清を試みることは、自民党内の微妙な政治的バランスを崩す危険があると述べている。 東京の上智大学政治学教授である中野浩一氏は、「彼は本当にこれ以上の汚れを望んでいない. 「[岸田]は、過去にあったことは過去にあると人々に信じさせようとしているようなものです. 問題は、それが現在にあるということです。」 いまだに機能しているが、いまだに貧しい 教会に対する賠償訴訟を追跡している全国スピリチュアル製品の販売に反対する弁護士の全国ネットワークのメンバーである山口博司は、日本の教会が今でも常に利益を上げていることを高く評価しています。年間約100億円(6900万ドル)だが、1980年代の好景気時の年間500億円からは減少した. 教会は、それがどれだけの資金を集めているかを明らかにすることを拒否した. 世界平和と統一のための家族連合として公式に知られているこの教会は、メディア、学校、高麗人参の生産、不動産、漁業への多額の投資を保持しています。 ムンの未亡人、ハク・ジャ・ハンが経営している。 ロイターの取材に応じた 4 人の元メンバーは、高麗人参やその他の製品を訪問販売するよう求められたと述べています。 そのうちの 5 人は、自分の家族が無理な寄付をするよう説得されたと述べています。 「父はまだ働いていましたが、私たちは貧しかったです」と、大学に通いながら教会を離れた37歳のソーシャルワーカーは言います。 北日本にある彼女のアパートには、キッチン、弟と共有する寝室、そして両親が寝たり、絵や壷、その他の教会の物を飾ったりするために使った部屋がありました。 現在、夫と一緒に東京に住んでいる彼女は、教会の教えによれば、彼女を地獄に追いやった両親とはほとんど連絡をとっていないと言います。 「人々は、私のような第 2 世代の人々がいたるところにいることに気づいていません」と彼女は言います。 「私たちはただ隠れているだけです。」 約 200 人の第 2 世代のメンバーがいる彼女の Twitter グループは、安倍の死後、約 50 人増えたと彼女は言う。 その匿名性により、元メンバーは、フォロワーであるという社会的烙印を避けることができます。 教会は日本に約 60 万人の信者を擁していると主張しているが、スポークスマンは、約 10 万人しか活動しておらず、多くの第 2 世代の信者が教会から離れていると語った. あえて声を上げたのは、山上さんの母親が統一教会に73万ドルを寄付したことを知り、テレビに出演した加代田えりさん(28)だ。 「私の家族は寄付のせいで崩壊寸前だった」と彼女はロイターに語った. 彼の公の場への姿は母親を激怒させたと彼女は言った。 日本の田中教会指導者は、安倍首相の暗殺後、山上さんの母親からの寄付の半分を返還したと語った. 標的にされた一部の元メンバーは、日本の信者がより多くの寄付を行ったために統一教会の標的になっていることに怒りを表明しています. 教会が 2011 年に研修ウェブサイトで公開した起訴状によると、日本人の信者は韓国人の 5 倍の什分の一を払って先祖を地獄から救い出さなければならなかった。 「日本のほうが経済が大きいので、我々はより多く支払った」と、ロイターの取材に応じた現在の支持者3人のうちの1人である原田恒文氏は、この慣習を擁護した。 教会はナショナリスト感情の標的になっています。 彼のスポークスマンは電話でビデオを再生し、ナショナリストの旗とシンボルで飾られた極右のバンが東京本社の前に到着し、屋上のスピーカーから非難を伝えました.

ロイターは、ビデオを独自に確認できませんでした。 クバギというペンネームを使用しているブロガーは、教会のミサ式の 1 つで再婚したときに給与の違いを発見しました。言った。 21歳での彼の最初の結婚には10,000ドルかかりました。 彼女が 6 年後に 2 回目に得た韓国のレートは、その金額の 10 分の 1 だった、と彼女は言います。 40代後半になった今でも怒っている。 文氏の死後、2013年に韓国から離婚し帰国。 2 人の娘と一緒に東京に戻った彼女は、教会を離れない限り、母親に再び会えるとは思っていません。 2 人は教会に約 15 万ドルを寄付しましたが、その中には梅の花の絵の 5,000 ドルも含まれていました。 「それは私が返したいお金ではありません。 教会が私から奪った時間が欲しいのです。」

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。