日本の冬の電力供給見通しはオークション後に改善

首都圏を含む10地域の発電容量の予備率は、現在、1月と2月に安定供給を保証する最低3%を超えると予想されている、とOCCTOは産業大臣の後援の下で専門家グループに語った。 、議論された電力とガスの政策。

6 月末までに、10 地域のうち 8 地域が 1 月に 3% を、2 月には 2 地域が 3% を下回るはずです。

この改善は、発電所の保守スケジュールの変更と、1 月 4 日から 2 月 28 日までの期間に東日本で最大 1.7 ギガワット (GW)、西日本で最大 1.9 ギガワット (GW) の送電網会社のグループによって開催された最近のオークションを反映しています。安定した電源。

オークションでは、東日本で合計0.78GW、西日本で1.86GWが落札されました。

電力不足の懸念は後退したが、産業相は、家庭や企業はこの冬、電力供給を合理的な範囲内に保つよう促されるだろうと述べ、液化天然ガス(LNG)の安定したガス供給はロシアの戦争によって妨げられていると付け加えた.ウクライナは脅かされました。

政府は今夏、2015年以来初めて、不要な照明を消し、エアコンを摂氏28度に設定するよう国民に呼びかけた全国的な省エネコールを発行しました。

冬の需要のピーク時に十分な燃料を確保するために、業界大臣は、最大 2 トラワット時 (TWh) の電力供給量のオークションを提案しました。これは 4 つの LNG タンカーに相当します。

産業省のデータによると、日本の主要エネルギー企業は、9 月 11 日に 240 万トンの LNG を保有しており、8 月末の 275 万トンから増加しましたが、昨年の同時期と同じレベルでした。

株価は5月以降、5年間の平均を上回って取引されています。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。