日本の司法は政府を非難する – La Nouvelle Tribune

日本 支払いを命じられた 数百万 男の家族に カメルーン国籍. この男性は、入管拘置所に収容されていたときに亡くなった。 彼の死は2014年にさかのぼります。 先週の金曜日、日本の司法は政府に支払いを命じた 165万円(11,500ドル、700万FCFA以上) このアフリカ人男性に十分なケアを提供しなかった故人の母親への補償。 犠牲になったのは から 43歳. 彼は拘留されていた 牛久の東日本入国管理センター都道府県茨城県. 彼は以下を含むいくつかの健康問題に直面しました 糖尿病. 彼は死ぬ前に肯定的な反応を受け取ることなく、数日間自分の健康状態について不平を言っていました. 彼は独房で意識不明の状態で発見されました。 母親は1000万円の賠償を要求していた この国の政府に。

しかし、政府は彼の訴えを却下するよう求めていた。 彼は適切な医療訓練を受けていなかったため、拘置所のスタッフはこの男性を病院に連れて行く必要があるかどうかを判断できなかったと感じました。 の 水戸料理 最終的に決定しました。 の 日本 相当額を支払わなければならない $11,500 故人の母へ。 この結果に満足している弁護人は、日本の司法によるこの決定は、患者を病院に送ることは当然のことであると確認したと繰り返した.
問題の故人は、成田空港でこのアジアの国への入国を拒否された後、2013 年 11 月から入国管理センターに収容されていることに注意してください。

亡命希望者など、拒否された移民申請者は、国外追放されるまで拘置所に収容されます。 後者は非人道的に扱われることがあります。 日本の移民擁護団体は、この悲惨な状況を繰り返し非難している。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。