日本の商社は、石炭と石油の高騰を受けて、記録的な第 1 四半期の利益を計上しています。

しかし、4月から6月の期間に利益が急増して通期ガイダンスの63%に達した三菱商事を含む彼らは、世界経済の減速に対する懸念の高まりを理由に、年間利益の減少という通年の予測に固執しました.

エネルギーおよび鉱業セクターの世界的な同業他社と同様に、三菱、三井物産、およびその他の商社は、エネルギーおよび商品市場の回復から恩恵を受けています。

最大の利益を上げたのは三菱商事で、第 1 四半期の純利益は 3 倍近くになり、過去最高の 5,340 億円 (40 億ドル) となり、続いて丸紅が 80% 増、住友商事が 45% 増、三井物産が 44% 増となりました。 .

伊藤忠商事だけが、特別利益が前年比で 14% 減少しました。

世界的なインフレ率の上昇、中国の経済成長の鈍化、原料炭や銅などの一部商品の最近の下落により、将来の収益の伸びが制限される可能性があると、幹部は警告している。

三菱商事の最高財務責任者である野内雄三氏は、「世界経済の減速、資源価格の下落、長引くロシアとウクライナの紛争、世界的な金融引き締めにより、不確実性が高まっています。

丸紅の第 1 四半期の好調な業績も、通期の利益予想を 50% 押し上げました。

「しかし、第2四半期以降のビジネス環境が非常に不確実であると考えているため、通期の収益ガイダンスを支持しています」と、古屋隆之最高財務責任者は、不況と需要の破壊の恐れを挙げて述べた.

「天然資源の価格がどのように変化するか、需要の減速と商品コストの上昇が生産の増加と取引マージンをどのように制限するかを考慮する必要があります」と彼は付け加えました。

丸紅は金曜日、ロシアのサハリン-1 石油プロジェクトの株式の価値を 6 月下旬の 80 億円から 30 億円に引き下げたと発表した。

三井物産と三菱商事は、モスクワが支配権を握った後、サハリン 2 LNG プロジェクトの持分の価値を 2,177 億円引き下げました。

日本の大手商社5社の4月から6月までの第1四半期の純利益の表です。 (億円)

Q1, FY22 Q1, FY21 年/年 進捗状況

増減率 (%) 通年

予想 (%)

三菱 533.95 187.57 185 63

三井物産 275.00 191.26 44 34

伊藤忠 230.63 267.48 -14 33

丸紅 201.63 112.13 80 50

住友 155.23 107.30 45 42

($1 = 133.0300円)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。