日本の地震…そしてメレンチョンは原子力への大きな恐怖を煽っている

よくなるって言った? マグニチュード7.4の地震が東北地方を襲ったのは、3月16日水曜日の午後11時30分直後でした。 日本の当局は、推定1メートルの高波で津波警報を発しました。 結局、地震は1人の死者と、ほぼ160人の負傷者を出した。 オブザーバーによると、波は30センチメートルを超えていませんでした。

また読む:原子力発電所の「40年の寿命」? 「この年齢制限は存在しません」

ジャン=リュック・メレンチョンがすぐにサーフィンを試みた渦は、福島の辛い記憶を思い起こさせます。 ツイッターを利用して、LFI候補は大統領の反対者に演説する機会を得ました。 #Japanの新しい津波が見えます。 #原子力はまだ安全なエネルギーですよね? ルーセルからゼムール、イダルゴ、マクロンを経由してルペンまで。 »»

左の部分では、福島の事故が原子力発電のリスクを非難する権威の主張になっています。 しかし、日本人にとって、2011年3月11日は、津波に流された15,899人の死者と2,500人の行方不明者を思い出させるものです。

地震、津波、原子力災害

その日、東北地方の地震はこれまでに記録された中で最強で、マグニチュードは9.1でした。 このような強い地震は、ほとんどの場合、津波に関連しています。

また読む:海への福島の排水:「生態学的問題ではない」

高さ30メートル、最大10キロメートルまで浸透する波は、600キロメートルの海岸線を荒廃させます。 福島発電所の原子炉が停止しました。 最初の爆発は3月12日に聞こえます。 2日後、1秒後、翌日最後。 3基の原子炉の炉心が溶けて、風によって内陸に吹き飛ばされる大量の放射性物質を大気中に放出します。

原子力災害としての資格を得る

事件の深刻さは、ジャン=リュック・メレンチョンの警戒心を正当化するのでしょうか? の調査によると メッセージを確認してください、工場の16人の労働者が爆風で負傷した。 サイトを保護するために、約7,000人がサイトで作業し、毎月約50,000人の労働者と一緒に撮影しました。 彼らのうち16人は、被曝した放射線に苦しんでいると信じていたため、金銭的補償を求めました。 6人が成功し、1人が肺がんで亡くなりました。

また読む:生態学の疑似宗教が忘れたもの:福島では死者はゼロでした

地域の人口については、 電離放射線への曝露に起因する死亡はありません ‘ 彼が説明しました メッセージを確認してください ドミニク・ローリエは、放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)で、電離放射線の生物学的および健康への影響に関する研究サービスを率いています。 甲状腺がんの症例はまだ調査中です。 それらが表示されるまでに数年かかる場合があります。 日本政府の最新の2019年の数値によると、212件の症例が疑われていますが、確認されたものはありません。 スクリーニングキャンペーンは継続され、IRSN 推定 それでおしまい ” がん症例の増加の可能性についてコメントするのはまだ時期尚早です “。彼女はまた、” 福島県で観察された甲状腺腫瘍結節の高頻度は、電離放射線の影響ではなく、スクリーニングの影響に関連していることをいくつかの要素が示唆している “。

目に見えない犠牲者

フランスでは、津波は左翼の政治指導者たちの記憶から消え去ったようです。 ジャン=リュック・メレンチョンと並んで、ヤニック・ジャドットも先週ツイートした。

「」 パリなどで、今年の3月11日、私たちは別の悲しい記念日のために集まります:#福島原発事故の11周年。 爆発や放射性放出による放射能汚染は続いています。 「ツイートの最後だけが残りの災害を臆病に反映している、環境リーダーは彼に話しかけた」 失踪した家族への深い思い。 “。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です