日本の女性の健康診断の結果は初めて男性のそれを上回っています

日本の日付

社会健康セックス

文部省のメンバーの汚職事件は、日本のいくつかの医学部の入学試験で女性に対する体系的な差別を明らかにした。 2021年には、より公正な慣行を採用した後、女性のスコアは男性のスコアよりもわずかに高いことがわかりました。

女性の場合、2021年度(2021年4月〜2022年3月)の日本大学医学部入学試験の全国平均合格率は13.60%であり、男性(13.51%)より0.09パーセントポイント高かった。 2013年以来、女性が男性を上回ったのはこれが初めてであり、合格率で2つの性別を区別する最初の年です。 医学部を有する81大学のうち、北海道大学、名古屋大学、横浜市立大学、東海大学を含む42大学が女性の受け入れ率が高かった。

2018年、文部科学省(MEXT)の私立大学支援プログラムに関連する汚職事件の調査により、高官の息子が東京医科大学の偽造に不法に入院したことが判明しました。彼の入学試験の結果。 この調査は、この紙幣の偽造が決して孤立した慣行ではないことを示しました。 実際、多くの医学部もそれに慣れていました。 一部の教育機関は、特に入学試験の女性のスコアを下げることにより、医学部に入学する学生の数を減らすことまで行ってきました。

この事件の後、文部科学省は2013年から2018年までのすべての医学部の合格率を遡及的に公表しました。これは女性で9.55%、男性で11.25%でした。 2019年度から、男女格差は徐々に縮小し、やがて逆転しました。 この状況の逆転は、差別的慣行の是正が進んだためである可能性があります。

(表紙写真:ピクスタ)

会社

性別
女性

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。