日本の女性-捕虜と解放の間

上で見たように、ますます多くの女性が主婦としてのキャリアを追求しないという選択肢を持っています。 これは特に大都市、特に首都の東京に当てはまります。 一般的に、日本の女性は平等に向かっていると言えます。 現在、多くの人がフルタイムであろうとパートタイムであろうと、専門的な活動を追求しています。 日本の女性の労働力は2011年の27.7%から2020年には30.44%に増加しました。 帝国データベースの調査によると、日本企業の女性社長(CEO)の割合は1990年から2020年の間に4.5%から(わずか)8%に上昇しました。この傾向は間違いなく増加していますが、巨大な社会を考えると間違いなく最後のままです。 30年の変化はあまりにも穏やかです。

しかし、労働市場の不平等は依然として懸念事項です。 フェミニスト協会によると、日本人女性は同じ仕事で男性よりも平均して50%少ない収入を得ています。 比較のために:同じ統計が2008年にフランスで37%で測定されました。 日本の女性は常に、ミソジニーと客体化との日々の戦いを戦わなければなりません。 日本の女性の奇妙な見方はテレビに捧げられています:女性は時々女神であり、時には客観化されています。 残念ながら、彼は独立した人物として十分に認識されていません。 繰り返しになりますが、男性の性別は性別やその他の主要な欲求によってのみ動機付けられているように描かれているため、男性の場所はほとんど満足のいくものではありません。

日本の女性は、家族の世話をする責任を拡大することで、自分の仕事を正当化する可能性が高くなります。 今日、ほとんどの日本人女性は結婚後に仕事を辞めています。 彼らは最年少の子供たちが学校にいるときに事後的にそれに戻ります。 長い時間と完全なコミットメントを伴う配偶者の仕事と、より補足的な妻の仕事との間には、常に強い境界があります。

日本でも1986年まで、企業が結婚後に従業員に辞任を強制することを認める法律がありました。 パリティは、プロの環境では依然として重要な問題です。 世界経済フォーラムが発表した2014年の男女共同参画報告書は、142の参加国のうち104位にランクされました。 これには、日本人女性の経済的見通しだけでなく、女性の貢献も含まれます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。