日本の教師不足:原因と数

文部科学省の調査によると、国内の1,800以上の公立学校で教師が不足しています。 主な原因は何ですか?

2021会計年度(2021年4月〜2022年3月)には、公立の小学校、中学校、高校の2,558人の教職が満員になりませんでした。 この現実は、教育、文化、スポーツ、科学技術省(MEXT)による史上初の教師不足調査の発表によって明らかになりました。

この研究は1月に実施されましたああ 2021年4月(日本では4月に学校に戻る)には、県または政令指定都市からの68の教育委員会が含まれ、合計32,903の学校がありました。 これは、1,897校(5.8%)の教師が不足していることを示しており、これは2,558人の欠員に相当します。

学校の種類別では、小学校の0.32%、中学校の0.40%、高校の0.14%、適応校の0.32%(障害児や病気の子供を含む)で必要な最低教師数に達していませんでした。 また、調査対象の適応校142校(13.1%)に教師不足の問題があり、中学校649校(7%)、小学校937校(4.9%)、高校169校(4.8%)があった。

教師不足(2021年4月〜2022年3月)

出典:文部科学省(MEXT)のデータを使用してNippon.comが作成した表。

教師不足の主な理由は、団塊の世代からの教師の大規模な引退です。 同時に、特に長時間労働のために、教育のキャリアを追求することに興味を持っている若い日本人はほとんどいません。 実際、特に小学校や大学での教師の過密なスケジュールに関連する困難は、最近一般の人々によく知られるようになりました。 また、少子化に伴う学生数の減少を見越して、市町村では教員の採用を減らし、不安定な仕事をしている非常勤教員の数を増やしています。

2020年度(2020年4月〜2021年3月)に文部科学省が発表した公立小学校教員選考試験の結果は、教員の求人1件あたりの応募者数が2.6人にとどまり、過去最低の競争率を示した(12.5年の記録とは対照的) 2000)。 また、その比率は大学で4.4、適応校で3.1であり、2000年代のピークに比べて30〜60%減少した。

(表紙写真:ピクスタ)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です