日本の新技術が遠隔宇宙訪問を可能にする

宇宙旅行の最も人気のある形式は、宇宙飛行機とロケットの艦隊を使用することです。 ただし、これは画面上で発展して形になる可能性があります。

民間企業のアバターと日本の宇宙航空研究開発機構は、別の「アバター技術」を開発する宇宙アバタープロジェクトで協力しています。

昨年11月、アバターリンとJAXAは、国際宇宙ステーション(ISS)の日本の実験モジュール「きぼう」に搭乗している宇宙飛行士と通信するために、公共宇宙アバターを使用した技術デモンストレーションを成功裏に実施しました。 この成功を基に、「スペースアバター」は東京大学工学部と連携して技術をさらに発展させ、拡大していきたいと考えています。

スペースアバタープロジェクトの目標

関係する2つの会社は、この技術によって「遠隔宇宙旅行、遠隔作業サポート、および遠隔宇宙をテーマにした体験」が可能になると述べています。

地球上の顧客がIEDやその他の宇宙環境に配備された通信に焦点を合わせた宇宙アバターにアクセスできるようにするサービス。 この計画を実施するために、パートナーシップはテクノロジーを使用して、EEIに配備され、地球からリモートで操作される宇宙アバターを開発し、宇宙施設を自由に歩き回る機能を追加します。

この計画は、ヴァージンギャラクティックやブルーオリジンなどの民間宇宙飛行会社を通じて急速に進化する商業宇宙飛行時代を民主化することを期待して、「SpaceforAll」というスローガンの下で宣伝されています。

  • リモートワークを支援する

「このサービスの目的は、宇宙飛行士の作業効率を高め、作業の提供を容易にすることです」とJAXAは声明で述べています。 この目的のために、パートナーシップは2種類の宇宙アバターを開発します。1つは長距離通信用で、もう1つは非常に正確なアバターの手を必要とするタスク用です。

  • 遠い空間テーマでの実験

彼らはアバターのロボット技術を使用してJAXA施設のリモートツアーを行い、「宇宙探査への関心」をさらに高めます。 JAXAとアバターは、日本最大のロケット発射施設である種子島宇宙センターの宇宙博物館で、彼らの遠隔訪問技術をすぐに実証し、その後IEDに移ることを望んでいます。

今日の宇宙旅行

このすべては、裕福な宇宙旅行者が宇宙への速い旅行をすることを可能にする技術を紹介している最近の有人の打ち上げの中で起こっています。 7月20日、ジェフベゾスは、宇宙会社ブルーオリジンのロケットの1つであるニューシェパードに乗ってカーマンライン上空を飛行しました。 しかし、リチャードブランソンは、7月11日に宇宙船スペースシップツーに乗って宇宙に到着しました。

両社のサービスのチケットはそれぞれ20万ドル以上で、JAXAとアバターの宇宙アバターは間違いなく、短期的に宇宙旅行の民主化を真に主張できる唯一の技術です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です