日本の新首相が10月31日の総選挙を発表

岸田文雄首相は、最近の就任後の勢いを活かすため、10月14日(木)に衆議院を解散し、10月31日の総選挙を発表した。 9月29日に自由民主党(PLD、政権)の党首に選出され、10月4日に菅義偉を引き継いだ。 PLDは、岸田氏が具現化した斬新さのイメージと健康状態の改善を利用したいと考えており、10月13日の新しいCovid-19症例数は9月30日の1,574件から731件に減少し、65.4%を占めています。人口は完全にワクチン接種されました。

また読む 購読者のために予約された記事 日本では、岸田文雄が政府の長に就任し、一般の期待からはほど遠い

解散の2日前に、党は 「重要な中産階級の再建」 日本から。 岸田さんが話しました 「岸田ノミック」 -安倍晋三前首相のアベノミクス(2012-2020)に続き、金融緩和、財政刺激策、構造改革を組み合わせた刺激策- 「数百億円」 との約束 「新資本主義」 不平等が拡大している国で富のより良い分配を確保する。

PLDのもう1つの強力な目標は、国防費をGDPの2%に引き上げ、1%未満に抑えるという伝統を打ち破ることです。 PLDの政治を担当する非常にナショナリストの高市早苗によると、この倍増は 「日本人の生命、財産、領土、領海、領空、主権、名誉を守るという私たちの決意を示しています」

野党統一戦線

共同通信によると、岸田文雄が就任したときの支持率は55.7%で、2020年9月の菅政権の66.4%とはかけ離れている。本質的には、Bなどの与党が提案した措置のほとんどは。賃金を引き上げる法人税の恩恵は、すでに実施されています。 党は岸田氏のプログラムでの金融商品の課税を改正するという提案を守らなかった。 政府の長はまた、再分配へのコミットメントを緩和し、日本は最初に成長への道に戻らなければならないと述べた。

また読む 購読者のために予約された記事 穏健な岸田文雄が将来の首相に就任

今回の選挙では、立憲民主党と日本共産党(PCJ)を含む野党の4つの主要な構成要素が団結している。 PDCは、富裕層、個人、企業への増税を行いながら、より高い健康と教育予算を促進し、低所得世帯に対する公的支援を改善します。 「私たちは、アベノミクスの恩恵を受けた人々に彼らの公正な分け前を支払うように頼むでしょう」。 PDCの枝野幸男総裁は、安倍晋三、菅義偉(2020-2021)の政策を引用し、反対派は不平等を拡大していると述べた。

この記事の34.65%をまだ読む必要があります。 以下は加入者専用です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。