日本の柔道は前例のない危機を経験しています

その輝かしい実績が示唆するかもしれないこととは反対に-これらの大会の前に84個のオリンピックメダル-日本の柔道は深刻な危機に直面しています。 2004年から2019年の間に、全日本柔道連盟の会員である中高生の数は45%減少しました。 「最近、年間5,000人の損失が発生しています。 大変です」協会の現会長である山下泰裕氏は、2019年に再選されたとき、次のように述べています。構造上の問題が危機に瀕しており、訓練中の死亡事故の数が先頭に立っています。

→読む。 東京オリンピック:テディ・リネールの失望

名古屋大学教授の内田亮氏の調査によると、1983年以来、少なくとも121人の子供たちが訓練で亡くなっています。 「犠牲者のほとんどは、後方転倒で頭部外傷で死亡した初心者です」内田亮は説明します。 「それは目立たなかった、怪我のリスクが規律の一部であることを考えると誰もがそれが正常であると思った」2010年から柔道事故被害者協会の小林恵子会長を思い出します。

文化的問題

2004年に大学時代に教師に虐待された彼女の32歳の息子は、まだ脳機能障害に苦しんでいます。 「まるで彼の人生が15歳で止まったようだ」、 彼女が言います。 これらの事故の背後には、コーチの責任を指摘する人がたくさんいるからです。 「柔道は国技と見なされているため、柔道の準備ができていない子供たちに非常に厳しいトレーニングを課すことで、チャンピオンをすばやく育成しようとする人もいます。」1992年バルセロナオリンピックの銀メダリスト、溝口紀子がため息をついた。

→レポート。 オリンピックは東京で秘密裏に開催されます

それにもかかわらず、小林恵子連盟とマスコミの要請により、連盟は2010年代初頭にコーチ教育の改革と見直しを開始した。 「私たちは日本人の自信を取り戻さなければなりません連盟の警備業務を担当する磯村元信氏は、苦々しく認めている。 私たちは一生懸命働かなければなりません。 »»

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です