日本の父親:仕事が多すぎて、子供や家庭に十分ではありません

日本の日付

社会 仕事 家族

ある調査によると、日本の幼い子供を持つ父親の 3 分の 1 以上が 12 時間以上の仕事と通勤に費やしており、家事に費やす時間は 1 日 10 分にすぎません。

日本の国立成育医療研究センターの研究チームは、非常に幼い子供を持つ 3,755 人の男性のデータを分析しました (時間の使い方と趣味に関する 2016 年の政府の調査に基づく)。

毎日の仕事に 12 時間以上 (移動時間を含む) 費やしている父親は、家事や子供の教育に 1 日 10 分しか割けないと答えました。 父親が午前 10 時から 11 時 (移動時間を含む) の間に働く場合、この時間は 40 分に増加します。

したがって、このデータは、睡眠や食事などの活動に 10 時間が必要で、自由時間やその他の活動に 2 時間が必要な場合、家事や育児に少なくとも 2 30 時間を費やすには、労働時間を最大 9.5 時間に制限する必要があることを示しています。 調査を実施したチームにとって、この問題に対する父親の意識を高めるだけでは十分ではありません。 通勤時間を短縮し、残業をためらわずに定時退社を促すためには、働き方改革やテレワークの重要性を企業自身が理解する必要があります。 (私たちの記事も参照してください: 在宅勤務: なぜ日本はこれほど遅れているのか?)

(表紙写真:ピクスタ)

輸送
会社
仕事
家族
おとこ

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。