日本の産業活動の成長は6月に鈍化しました

両社は、コストの上昇と継続的な資材不足が生産レベルの改善を遅らせた一方で、新規受注はわずかに増加しただけであり、これは総需要の脆弱性が高まっていることを示している可能性があると述べた。

じぶん銀行の最終購買担当者指数(PMI)は、6月の季節調整済み52.7に、前月の53.3から低下しました。 50マークは、収縮と拡張を区別します。

「6月のPMIデータは、日本の製造業がより緩やかに拡大していることを示しています」と、調査をまとめたS&Pグローバルマーケットインテリジェンスのエコノミスト、ウサマバティ氏は述べています。

「このセクターの健全性は、受注の大幅な停滞と生産量の伸びの鈍化の中で、9か月で全体として最も遅いペースで改善しました。」

調査によると、海外からの新規受注は4ヶ月連続で減少した。 購入価格は高止まりし、販売価格よりも速く上昇しましたが、企業は上昇するコストを顧客にますます転嫁しました。

調査対象の企業は、価格設定と供給圧力の高まりが業界の活動を弱めていると述べた。

「前回の調査期間中に生産と需要を弱めた重大なインフレ圧力は、深刻な資材不足と配達の遅れに起因している」と彼は述べた。

これらの逆風は、木曜日に発表された公式データでも強調されており、5月の2年間で工業生産が最も急激に落ち込んだことが示されました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。