日本の発明であるQRコードのあまり知られていない話

欠かせない道具

現在、QRコードは非常に普及しているため、QRコードを見ずに1日を過ごすことはほとんどありません。 情報の入手や商品の購入に利用され、常に新しいサービスが開発されています。 最近、例えば、それらは特定の墓石に現れます:それらは故人についての情報を得るのを可能にします。

約25年前にデンソー(愛知県)でQRコードをデザインしたのは原昌宏さんでした。 本発明後、彼が働いていた部門はデンソーウェーブと呼ばれるグループの完全子会社となり、現在はチーフエンジニアとして働いています。

戦略ゲームに触発された

原氏によると、同社は以前は部品の在庫管理にバーコードを使用していましたが、そのシステムは十分に効率的ではありませんでした。 「1つのボックスに最大10個のバーコードが存在する可能性があります」と彼は回想します。 「従業員はボックスを何度もスキャンすることにうんざりしていたため、1回のスキャンで大量の情報を伝達できるコードの設計に着手しました。 »»

自動車部品の在庫を容易にするために、QRコードが生まれました。

デンソーウェーブチーフエンジニア原昌宏
デンソーウェーブチーフエンジニア原昌宏

QRコードは、黒い四角と白い点の2次元パターンを使用することを特徴としています。 このタイプのパターンを使用すると、単純なバーコードの200倍の情報を伝えることができます。

QRコードには、Webサイトへのリンクなどの基本情報だけでなく、パターンにエンコードされた最大4,200文字の英数字を含む大量のデータを含めることができます。 リーダーは、情報にアクセスするためにQRコードを1回スキャンするだけで済みます。

原は、戦略ゲームへの愛着からインスピレーションを得たと説明しています。 ある日、ゲーム盤に白黒のピースを並べていたところ、これが情報を伝える明確な方法だと気づきました。 それは本当の啓示でした! »»

原は元のアイデアを信じていますが、デンソーの開発チームは、今日のコードを形作る責任があります。 「アイデアを持つことは一つのことですが、それをサポートするシステムも必要です。 »»

この技術自体を開発するためのリソースが不足していたため、デンソーは特許を申請することにしました。

戦略は素晴らしく機能しました。非常に迅速に、群島の多くの企業がこの革新的な概念を使い始めました。 また、カメラ付き携帯電話の登場により、QRコードの利用が拡大しています。

顔データ付きQRコード

鹿児島銀行は、ATMの1つをテストして、通常のデビットカードの代わりに、顧客の顔のデータやその他の詳細を含むQRコードをスキャンしました。 内蔵カメラを使用して、自動販売機は、アカウントにログインしようとしている人が実際に顧客であるかどうかを判断し、識別が正の場合にのみチケットの発行に進むことができます。

QRコードは東京の都営地下鉄のドアにもあります。 プラットフォームに取り付けられたカメラがコードをスキャンし、電車のドアと同期してドアを開きます。

過去には、このようなホームドア自動化プロジェクトには数千万円の費用がかかりました。 現在、QRコードシステムにより、オペレーターのコストは大幅に削減され、わずか数万円になります。

愛知県で生まれたこの技術は、国際的にも非常に人気があります。 シアトルの無人スーパーマーケットであるAmazonGoでは、QRコードを使用して店舗に入る顧客を識別します。 このシステムの実装に関連する低コストは、開発途上国にとって特に魅力的です。

無限のテクノロジー

原は、彼のアイデアが軌道に乗り、現在、さまざまな最先端のサービスに携わっていることに興奮しています。 しかし、彼はコードには無限の可能性があると主張しています。

「被災者の医療情報が入ったQRコードが欲しい」と語る。 「避難所の従業員は、コードをスキャンして適切な医療サービスを提供することができます。 »»

原氏は、将来、彼が当初夢見ていたものを超えるQRコードを備えた他のアプリケーションがあると確信しています。

(フジニュースネットワーク政策部福田裕一郎による報告とテキスト。放送によると 2019年12月14日のプライムオンライン)。

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です