日本の秋を代表する花、菊

菊は日本の秋の花の象徴です。 仏教の花と見なされ、宗教的な儀式の際に供えられ、致命的な出来事に関連するやや否定的なイメージを伝えます. しかし、パスポートに記載されているのは皇室の紋章でもあります。 そして日本人にとって、菊は長い間特別な意味を持つ高貴な花でした。

菊は中国で古くから薬用・食用植物として栽培され、平安時代(794~1185年)頃に日本に伝わりました。 菊まつり (朝陽の節句日本の 5 つの主要な休日の 1 つである 9 月 9 日は、同じく中国に由来し、健康と長寿をもたらすと信じられているこの花の薬効を祝います。

江戸時代(1603~1868)の初めに、日本人は菊の繁殖に熱心になり、多くの新品種が生まれました。 慎重に配置されたベッドや人形の形で、これらの花を洗練された方法で提示する習慣が生まれたのはこの時でした. 幕末から明治時代(1868~1912)の初めにかけて、これらの新種の花は原産地の中国とヨーロッパに戻り、園芸への熱狂を巻き起こしました。


供物として供される白菊

アツモノは、花の中心から数百枚の花びらが伸びた、たくさんの花を咲かせる品種です。
あつもの花の中心部から数百枚の花弁が伸びている、大量に開花する系統。

花弁が筒状で、パッと開いたような印象を与える下物。
くだもの花が突然開いたような印象を与える筒状の花びら。

菊は、鎌倉時代初期(1185~1333年)に後鳥羽天皇がこの花の形を気に入って愛用し、皇室の紋章として採用したものと思われます。 明治時代には、十六八重の菊をモチーフとしたデザインが皇室の紋章として制定され、1926年の皇室典礼令で詳細に規定されました。 天皇の玉座は「菊の玉座」とも呼ばれます。

靖国神社の門にある大きな菊の紋章は直径1.5メートル。
靖国神社の門にある大きな菊の紋章は直径1.5メートル。

パスポートの菊の紋章も16枚の花弁です。
パスポートの菊の紋章も16枚の花弁です。

数十枚の舟形の花びらを持つ大きな平たい花で、皇室の紋章に似ていることから御紋章菊と呼ばれることもあります。
一門数ダースの船形の花弁を持つ広く平らな花で、しばしば呼ばれる ごもんしょうぎく 皇室の紋章に似ているからです。

菊は日本では食用花としても知られています。 最も一般的な食べ方は湯通しです。 ほのかなフローラルの香りと、ほのかな苦味、シャキシャキとした食感が特徴です。 多様性で有名な山形県で 延命楽菊とも呼ばれる モトホカ. その形は皇室の紋章に似ており、人間が食べると「食べるのがもったいない!」と言われるほど。 “。

菊花のおひたし
菊火 のおひたしカリカリ食感の湯通しした菊の料理

菊の葉は刺身で食べられます。
菊の葉と一緒に食べられる 刺身.

菊は皿の上に咲くと思う人が多い 刺身 または他の料理は装飾用ですが、食べられます。 しかし、私たちはそれらを丸ごと食べません。 花びらをはがして醤油につけてから食べます。 刺身. ほのかな香りとほのかな苦味が生魚の旨みを引き立てます。

(全写真:ピクスタ)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です