日本の秋祭りがボレリー公園であなたを待っています

Mアルセイユは 1961 年以来、神戸市と姉妹都市であり、日出ずる国と密接な関係があります。 「マルセイユの第一副市長であるミシェル・ルビローラは次のように説明しています。 公式エレクトは木曜日にロンシャン公園で市長(EELV)ディディエ・ジャウと一緒に3から始まりましたe セクター、そして村田征夫日本領事館、ボレリー公園の日本庭園で今週末に開催される秋祭りに先立つ2022年版の秋祭り。

ここロンシャン公園の日本庭園に立ち会い、この庭園を作ったマルセイユの学校の子供たちの作品に敬意を表することは、私たちにとって重要なことでした。 「、ミケーレ・ルビローラを指定します。 日本領事は聴衆に「 こんにちわ (日本語でこんにちは)と言う前に: この日本庭園は、日本とマルセイユの友好を表しています。 「彼はそれを説明します」 秋祭りのアニメーターのほとんどは日本文化協会のボランティアメンバーですが、日本からの専任チームもあります “。

木曜日には、CM1 の 2 つのクラスがさまざまなアニメーションに参加しました。竹のオーケストラのコンサート、マンガ会議または弓道、弓道、初期の武術のデモンストレーションです。 学生のメラニーさんはこの儀式のファンで、伝統的な日本の衣装を着ています。 デモンストレーションの後、彼女は次のように証言します。 マルセイユにはクラブがないので、エクスのクラブで10年間弓道を練習しています。 »

豊富なプログラムと無料エンターテイメント

今週末、ボレリー公園の日本庭園では、講演者が無料の武道(空手、合気道、剣道など)、太鼓コンサート、茶道、日本の物語をマルセイユの人々に披露します。 言語、折り紙、提灯作り、書道、旅行のヒントを学ぶためのさまざまなワークショップも提供されています。 庭園のふもとにある大舞台では、ダンスや体操のパフォーマンスが行われます。 冷たい日本の飲み物を提供するバーも併設されます。

もちろん、訪問者はボレリー公園の日本庭園を訪れる機会を得ることができます。ここには、日本固有の多くの種の植物が集まっています。

無料入場。 マルセイユ日本国総領事館のウェブサイトに全プログラムが掲載されています。 https://www.marseilles.fr.emb-japan.go.jp/

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です