日本の若者は、難民の受け入れや自国での外国人の存在についてどのように考えていますか?

日本の日付

国際社会

ロシアによるウクライナ侵攻の開始から 6 か月後、20 歳未満の日本人を対象に、戦争とその問題、世界中からの難民の受け入れ、外国人の存在についての意見を求める世論調査が行われました。彼らの国で。

日本財団が実施した調査に回答した日本の若者のほぼ60%が、2月のロシア侵攻以降のウクライナ情勢に関心があると答えた。 このニュースに「非常に興味がある」と答えた男子の割合は、女子を7.2ポイント上回りました。

今回の危機への関心の主な理由として、「世界の勢力均衡が変わる可能性がある」「北方領土問題で日本が攻撃される可能性がある」「日本の防衛戦略を変えなければならない」などが挙げられた。 調査は今年7月中旬、17~19歳の1000人を対象に実施。

調査対象となった男女の6割以上が、日本のウクライナ難民受け入れに「賛成」と答えた。 列島が受け入れた難民の数が十分かどうかを尋ねられたとき、男の子の 32.9% と比較して、女の子の 21% だけが肯定的に答えました。 (私たちの記事を参照してください: 日本に避難した 1,600 人以上のウクライナ人: 彼らはどのように歓迎され、サポートされていますか?)

また、日本が世界各国から難民を受け入れて十分だと考える割合は、男性(32%)と女性(19.5%)で12.5ポイントの差がある。 (私たちの記事を参照してください: 2021 年に日本で記録的な数の難民が発生しましたが、フランスやドイツと比較するとばかげた数です)

日本への移民数は年々増加しており、2021年には280万人を超える外国人居住者がいます。 日本の若者がこの増加の影響について尋ねられると、女の子よりも男の子の方がそれを「ネガティブ」と考える傾向があります.

(表紙写真はニッポンドットコムより)

世論調査
戦争
若い
ウクライナ

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。